第二十七章  誓願の献げ物



 レビ記は二十六章にて終わります。二十七章は附録であります。けれどもこの附録は甚だ必要な附録であります。私共は今までレビ記を読みまして心の中にどういう感情が起こりましたろうか。私共はほんとうにレビ記が分かりましたならば、神の恩を感じて身も心も献げたい心が起こります。この附録はそのような献身につける附録です。私共はこのレビ記を読んで身も心も神に献げたくありますならば、この附録によってその途が分かります。
 二〜八は自己を献げることです。
 九以下は獣を献げることです。
 十四以下は家を献げることです。
 十六以下は田畑を献げることです。

【二、三節】
 『値積り』のことがあります。これはその人を贖う金ではありません。その人と一緒に献げるところの金であります。神に仕えることは貴いことであります。神に仕えとうございますならばその身と一緒に供え物を献げねばなりません。たとえば高貴の先生の弟子となりとうございますならば多くの謝礼をせねばなりません。そのように神に仕えとうございますならばその身と一緒に礼物を献げねばなりません。
 十節をご覧なさい。私共は神にひとたび厳粛に約束しますならばそれを変えることはできません。伝道の書五・四、五をご覧なさい。そうですから慎みをもって神の前に約束をせねばなりません。時としては聖別会の時に軽々しく神に約束する者がありました。神の前に恐れて約束なさい。また一度約束をしましたならばどうぞ必ずそれを成就なさい。
 けれども約束したものが聖くありません時にはそれを贖う途があります(十三、十九)。その時には神の前に正しく誓願を成就せねばなりません。
 身を献げますならば、或いは神に物を献げますならば、或いは金の十分の一を献げると言いますならば、神の前に正しくそれを実行なさい。或る人はその約束をしたる後に軽々しくそれを行います。たとえば金の十分の一を献げると言いましてもほんとうにそれだけを献げているか、或いは献げておりませんか曖昧なるままにて過ごします。私共は人間に厳粛なる契約を立てましたように、神と結んだ契約を実行せねばなりません。
 八節の終わりをご覧なさい。私共は今までレビ記の書を研究しました。これはただ知識を得ることのみではありません。私共の心の中にどういう感謝が残っておりますか。『その誓願者の力に従って値積らなければならない。』神は私共に献身を願いたまいます。アブラハムの力はいかほどでしたか。彼の愛する息子でありました。神たる祭司はアブラハムの力に従って値積りをなしたまいました。ハンナの力はいかほどでしたか。長い間祈りの中に俟ち望んだ小さき幼子でありました。その誓願者はその力に従って誓願をなしました。福音書の寡婦はその力はいかほどでありましたか。二つのレプタでありました。けれどもそれはその寡婦のすべての財産でありました。誓願者はその力に従って値積りします。なおなお貴き思念をもって神の力を計りますならば神の力はいかほどでしたか。その生みたまえる独り子を与えたもうことでした。また神もその力に従って値積りをなしたもうて人間に自分の身も魂も与えたまいました。私共の力はいかほどですか。神は必ず私共の力に従って値積りをなしたまいます。この人々はその力において大いなる相違がありました。僅か二つのレプタは実に賤しき力と見えます。けれども誓願者はその力に応じて神に供え物をせねばなりません。あなたがたは神の前にそれを値積りせねばなりません。また神はあなたがたにいかほどを願いたもうかを値積りなさい。あなたがたは神の愛を感じ、神の恩を感じ、あなたがたの主にいかほどを献げなさいますか。
 レビ記の講義はこれで終わりました。今共に祈りましょう。
 
 聖き父よ、私共がこの驚くべき書物を研究しておりました時に、あなたは私共と偕に在して私共を教えたまいました。私共はあなたより頂戴したるすべての恵みについてあなたに感謝いたします。ただ私共の心の準備さえもっとできておりましたならば、あなたはご自身の憐憫とまた注がれたる聖血について一層深く私共に黙示したもうことができましたでしょう。これを思って私共の心の準備の行き届かざりしことを悲しみます。けれどもどうか続いて私共の心を開き、気付かざりし教訓を悟らせたまえ。どうぞあなたの言葉を聴くためにあなたの足許に住まうことを得させたまえ。
 あなたはあなたの名を私共に黙示したまいました。あなたは何程の御方に在すかを知りまして、それに励まされて私共自身を全くあなたに献げます。また私共のもっておるすべてを献げます。私共は喜んであなたの前に燔祭となることを希います。あなたの聖き火を常に私共の中に燃やし、肉に属けるすべてを焼き尽くして私共の生涯をあなたの前に馨しき香ある犠牲となしたまわんことを願い奉る。 アーメン。アーメン。



© 頒布価 ¥230

明治三十七年二月一日 初版発行
昭和三十二年七月一日 改訂十版

著作者  ビ・エフ・バックストン

発行者  東京都武蔵野市境一四一六
       落  田  健  二

印刷者  東京都千代田区鎌倉町一
       西  村  徳  次

発行所  東京都武蔵野市境一四一六
       バックストン記念霊交会
        振替 東京 六六六四九番
        電話 武蔵野 (022) 七〇〇六番


||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |