レ ビ 記 講 義
  ビー・エフ・バックストン講述



緒 論



 レビ記は『きよめ』と『聖き』との書です。すなわち罪人はいかにしてきよめられて神に近づくことができますか、またどういうものが聖くしてどういうものが汚れたものでありますかを、このレビ記によって学ぶことができます。旧約聖書の順序を見ますと一層明らかにそれが分かります。この順序に従いますと、創世記には神は生命の源、またすべてのものの主なることを見ます。ここには格別に父なる神の働きを見ます。
 出エジプト記には神の救いの話を読みます。それは格別に子なる神の働きを指します。私共は父なる神の働きと子なる神の働きとが分かりますならば、また聖霊なる神の働きをも尋ねます。すなわち神に造られたるものが主イエスによりて救われましたならば、必ず心中に聖きを慕います。神はこのレビ記においてその道を教えたまいます。
 人は何のために救われますか、神を拝むためです。そうですから出エジプト記の後に直ちにレビ記のありますのは順序です。真実に神を拝みとうございますならばまず神に近づかねばなりません。また神の栄光を見ますれば身も霊も神に献げる精神が起こるはずです。また神の慈愛を見ますれば感謝の念が起こるに相違ありません。この書において霊と真をもって神を拝む途を見ます。昔は種々なる犠牲と節会によりて神を拝みましたごとくに、私共はいま主イエスの贖いにより、主ご自身によりて神と交わることができます。
 この書において贖われた者の礼拝を見ます。レビ記は罪人がいかにして神の子となることができるかということを教えません。格別に、救われた者がいかにしてなおなお神に近づきて、神より恵みを受け、神を悦ばすことができるかを教えます。それですからこの書は格別に信者のためであります。また神に近づく者はいかほど潔き者であるべきはずですか、またいかにして潔められることができますかを教えます。それですからここで格別に主の贖いと十字架の力を学びます。レビ記を深く味わいませんならば、真に主の十字架の奥義を悟ることはできません。
 新約聖書の中に主イエスの一代記が四つあります。かようにレビ記において四つの大切なる犠牲があります。主イエスの死について四つの話を見ます。四福音書によって四つの方面から主イエスの生涯を見ますごとくに、レビ記において四つの方面から主イエスの死を見ることができます。浅い考えをもって主の死を考えますならば、ただ罪の赦しのためのみであると思います。格別に信者の生涯に関係のあることを見ません。けれどもこのレビ記を研究しますれば、主の死は信者の聖き生涯に密接なる関係があります。信者の献身について、神を悦ばすことについて、親しい関係があることを見ます。
 レビ記の特質を見ますと、この書は大概ただ神の言葉のみであります。神が直接に語りたもうたことのみを記しましたのはこの書だけです。各章の始めを見ますと、たいがい何処でも『主は言われた』という語があります。それですから厳粛なる心をもってこれを味わわねばなりません。神はいかにしてこの黙示を与えたまいましたか。一度神はシナイ山から律法を与えたまいました。その時には種々なる力と栄光の表号を彰わしたまいました。そのために人間は神に近づくことができません、かえって恐怖を懐いて神に遠ざかりました。ここにはそのように律法を与えたまいません。ここにて神はご自身のためにイスラエル人の建てた天幕よりモーセを呼び、イスラエル人の中に住みたもう主としてイスラエル人にこの律法を授けたまいます。これは出エジプト記二十五・二十二の約束の通りでした。民数記七・八十九に、モーセが初めてその神との交際を経験した話が見えます。それですからモーセは神の言を聞くためにイスラエル人を離れてシナイ山に登るに及びません。これからは陣営の中で神と交わることができました。これによって神の恵みがなお一層明らかに顕れております。それですから神はここでは律法を下す王のごとき者ではありません。父のようにその民の中に在り、その民と交わり、その民を導きたまいます。これによってこの書の特質が分かります。これは律法的書物ではありません。格別に新約的書物です。いかにして罪人は赦しを得ますか。いかにして赦しを得たる罪人が神に近づき、神を悦ばすことができますか。ここにその途を見ます。出エジプト記の終わりの章において幕屋が建てられましてから、神は直ちにその内に入りて住みたまいましたことを見ます。このレビ記において、神はその幕屋に入りたまいますと直ちに声を出して、いかにして人間が神に近づくことができますか、いかにして人が神を拝むことができますかを教えたまいました。神は格別に血によりて、また水によりて、人をご自身に近寄らせたまいました。
 使徒行伝二章においてちょうど同じことを見ます。神はその建てられた天幕に入りたまいましたごとく、この使徒行伝二章にて神は小さい教会をご自分の住居とならしめたまいました。また神が天幕に住むことを始めたまいますと、直ちに声を出して、血と火と水とによって人間が神を拝むことのできることを教えたまいました。その通りに、聖霊が降りますと、直ちにペテロの口をもって血の力、また焔の力、また水の潔めを教えたまいました。すなわちキリストの十字架と、復活、また昇天によりて、人は神に近づくことができると宣べ伝えたまいました。
 このレビ記の初めにモーセが神から黙示を得ましたごとくに、後にヨハネが神の黙示を得ました。黙示録一章をご覧なさい。ヨハネは霊によりて天の幕屋におりました。けれども黙示録四章一節を見ますとその幕屋の至聖所に招かれました。かしこで主イエスの栄光の黙示、主イエスの勝利の黙示を見ました。ちょうど同じように、モーセはここでこの世の幕屋の至聖所に呼び入れられまして、イエス・キリストの黙示を与えられました。
 このレビ記には自分で悟ることのできないことが記してあります。すなわち神が罪を癒したもうことです。神の黙示がありませんならば、私共は決して罪の癒しを悟ることはできません。天理によりて考えますれば罪は自然に罰を受くべきものであると悟るだけです。罪の赦されること、或いは罪を潔められることは、決して悟ることはできません。この書には格別にその黙示があります。またその罪の赦しと潔めのために主の死は一番大切です。それですからここで格別に主の死の譬えを見ます。またその贖いの力を説明する話を見ます。
 前にも申しましたごとくに、主イエスの死の話が四つあります。すなわち燔祭と酬恩祭、罪祭と愆祭とです。この四つの献げ物を二つに区別することができます。
 第一は香ばしきかおりの献げ物です。燔祭と酬恩祭とはすなわちこれです。
 第二は罪のために献げる献げ物です。罪祭と愆祭とはすなわちこれです。
 香ばしきかおりの献げ物は全く神を悦ばすためであります。少しも罪のことが論ぜられてありません。これを献げますのは、ただ神と交わり、神を悦ばすためであります。もはや神と和らぐことを得ましたから、罪のことを忘れまして、ただ神の心を悦ばせとうございます。譬えをもってこれを申しますれば、聖きは神の前に香ばしきかおりです。罪は神の前に悪臭です。ヨエル二・二十、詩篇三十八・五、伝道の書十・一にこの譬えをもって記してあります。私共の生涯は神の前に不断香ばしきかおりでありますか、或いは悪臭でありますか、いずれか二つのうちです。己がなお活きておりますならば必ず悪臭があります(エレミヤ四十八・十一)。けれどももはや己を献げてキリストと共に死にましたならば、不断神の前にキリストの香ばしきかおりとして昇ります(コリント後書二・十四、十五)。
 主イエスが神にこの献げ物をなしたまいました時は、レビ記に記してある順序に従いたまいました。例えば第一に砕けたる心をもって神の聖旨を成就する決心をして燔祭となりたまいました。それから聖き生涯を送って神の前に素祭を献げたまいました。また神と交わることによりて酬恩祭を献げたまいました。終わりに十字架によりて罪祭と愆祭を献げたまいました。けれども罪人たる私共が神に近づきとうございますならば、ちょうどそれと反対の順序に従わねばなりません。私共は、第一、犯したる罪のために自然に心を苦しめて罪の赦しを求めます。主の愆祭によりて罪の赦しを得ることができます。主の愆祭の功績のために神と和らぐことができます。それからなお私共に生来の汚れたる心の働きが見えますから、血の潔めを求めます。主の罪祭の功績のために潔められます(民数記十五・一〜十一)。けれどもこれだけでは未だ充分満足することはできません。私共は神と交わりませんならば決して満足することはできません。潔められましてからなお深く十字架の力が分かります。すなわち主イエスの酬恩祭のために、聖き神と和らぐことができましたことを知りて神と交わります。またその深き恩寵に引かれて、主イエスの死の力によりて、己に死し、身も霊も献げて、主と共に神の前に燔祭を献げることができます。
 素祭は常に燔祭と共に献げました。身も霊も燔祭として神に献げますならば、また聖き生涯の素祭は必ず献げるに相違ございません。
 私共の霊の経験より申しますれば、ちょうど反対になります。けれども今はレビ記の順序に従って燔祭から講義を始めます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |