第 十 章  真の火と異火の区別



【一、二節】
 主の火が降りますならば、人間はその肉の考えに従ってそれを真似とうございます。神が恵みを降したまいますならば、悪魔はいつでも偽りの恵みを作ります。恵みの降る時は危うき時です。神の栄光が顕れます時にたびたび失敗があります。これは実に残念なことです。けれどもたびたびそうです。創世記三章においてかような失敗がありました。ヨシュア記七章にも神の力が顕れた時に人間は失敗しました。
 使徒行伝五章において神が教会の中に栄光を顕したもうた時に人間はそれを汚しました。また神の栄光を汚す者は他の者ではありません。肉の属であります。私共は神の火を見ますならばサタンに誘われて異火を捧げることは容易なことです。肉に属ける熱心、肉に属ける愛、肉に属ける学問。かような火を神に献げることは容易なことです。またかような火はよく神の火に似ております。表面はあまり違いません。けれども一つは天の火です。一つは地の火です。一つは霊に属ける火です。一つは肉に属ける火です。一つは力ある火です。一つは空しき火です。イザヤ五十・十一をご覧なさい。かように自分のために火を起すことは容易きことです。火の把を帯びることは容易きことです。けれどもそのために少しも慰めを得ません。ただ神の怒りを得ます。どうぞ神の聖き火を俟ち望みなさい。それを真似ることをお慎みなさい。ほんとうの火をもって聖霊に感じてお祈りなさい(ユダ二十)。聖霊によって証しなさい(使徒行伝一・八)。聖霊によって己をお献げなさい(ヘブル九・十四)。自分の火をもって祈り、証し、己を献げることは、神の前に罪であります。
 この異火についてピリピ一・十五をご覧なさい。この人々は極めて熱心でした。けれども他の信者と争う心がありました。ペテロ前書五・二をご覧なさい。『利得のため』、これは異火です。かような異火がありますれば神の怒りを起します。使徒行伝八・十八、十九をご覧なさい。シモンは聖霊の力を求めました。けれどもこれは異火でした。使徒行伝十九・十三をご覧なさい。この人はパウロの説教の力を見ました。また主の名によって悔い改める者、癒される者が起こったことを見ました。それゆえに自分も同じ名を呼びました。かような異火を献げる伝道者がたくさんあります。たとえば或る霊に満たされた人の説教によって大いなる働きが起こりました。それゆえに自分も同様に説教せんと思います。けれどもこれは異火です。自分が心中に主の名の力、主の救いの力を感ぜずして表面だけ同じように説教しようと致します。これは使徒行伝十九・十三の異火です。神に真の火を献げなさい。エレミヤ書二十三・三十〜三十二をご覧なさい。どうぞ真の火と異火の区別をお悟りなさい。
 この異火を献げたナダブとアビウは如何なる者ですかならば、出エジプト記二十四・一、九、十のごとく主の許に上りて神を見たる者でした。この二人はほんとうに恵まれた者でした。彼らは神のことを知らざる者ではありません。ほんとうに神と親しく交わりのできたる者でした。かような者がこの恐ろしき罪を犯します。私共はこれを恐れねばなりません。これは格別今までに恵まれたる者の罪です。
 九章の終わりにおいて火は神より降りイスラエル人を祝しました。十章の初めにおいて火は神より降り人間を亡ぼしました。神の火はかように恐ろしい力があります。主の再臨の時にもこの二つの結果があります。その時に神の栄光が顕れて或る者を喜ばせます。けれども或る者を亡ぼします。神の前に務めを執ることは恐ろしいことです。私共は伝道に狎れて軽々しく伝道します。或いは今晩は自分の説教する順番であるからというような思想をもって軽々しく人々の前に立ちます。けれどもこれは恐ろしいことです。ヘブル十二・二十八、二十九をご覧なさい。敬虔と神を畏れるの畏れをもって(英訳参照)、神に仕えとうございます。実に『神は焼きつくす火』です。

【三〜七節】
 『アロンは黙していた。』これは幸いであると思います。アロンは父ですから呟き易いです。悲しみ易いです。けれどもこれは神の正しき審判であると分かりました。それゆえに『黙していた。』どうぞ神の前に黙しなさい。神が審判を与えたもうても黙しなさい。或る人は聖書の審判の言葉を読みます。ときに呟きます。或いは信じません。義しき神の前に黙しなさい。これは私共のなすべきことです。私共は神の方面からかかることを見なければなりません。六節に録せるごとく私共は神を義とせねばなりません。ともかくも神の御業は義であると承知して黙さねばなりません。

【八〜十一節】
 これは以前と同じような教えです。ある祭司は大胆に神の前に務めを執るために濃き酒を飲みとうございます。けれども神はそれを禁じています。私共はたびたび聖霊の力を起すために世に属ける方法を使います。たびたび聖霊の力を起すためにこの世のことをもって刺戟します。けれどもそれは神の前に大いなる罪です。私共は世に属ける方法を捨ててただ祈りをもって聖霊を求めねばなりません。かくいたしますならば明らかに罪と聖潔との区別が分かります。
 私共は他の人々を教える者ですからその区別が分かることは実に大切です。どうぞ心を静かにして、心中に毫も肉に属ける刺戟、世に属ける刺戟を入れずして、ただ神の平安と光を得て神にお仕えなさい(エゼキエル二十二・二十六参照)。

【十二〜十五節】
 これはアロンとその子らの特権です。いと聖き物を食らうことはその人々の特権です。その時に大いなる悲しみのうちにおりました。神の怒りを経験したる時でした。けれども神はそれを与えてご自分の恵みを示したまいます。その子の亡ぼされたるために悲しみておるところのアロンに、慰めるものと恵みを与えたまいます。アロンとその残れる子らは今でも神の祭司でした。悲しみの中におりましても神の祭司でした。それゆえに祭司の特権を受けなければなりません。どうぞ私共もそれを覚えとうございます。私共も神の子です。神の祭司です。そうですから不断にそれに適う特権を受けなければなりません。格別に失敗のときに自分の特権を大胆に受けとうございます。神はこのような大胆と信仰を喜びたまいます。その時にアロンとその子らは必ず気を喪いました。神の前に出ずるに恐れがあることを感じました。神と和らぐことを忘れて神を恐れました。そうですから神はこのいと聖きものを与えて、気を喪せる者を励ましたまいます。神は何時でもこのように恵みを与えたまいます。格別に気を喪せる者を励ましたまいとうございます。私共は失敗の時にどうぞ神の恵みを味わいとうございます。聖書によっていと聖き物を食らいとうございます。『これを祭壇のかたわらで食べなさい。』(十二)『これを聖なるところで食べなければならない。』(十三)聖所にて、すなわち神に近づいて、祈りをもって聖書によっていと聖き物を食らわねばなりません。

【十六〜二十節】
 これは以前の失敗のごときものです。
 十二〜十五節は自分のために聖きことを食らうことです。十六〜二十節は他の人々のために贖いをなすことです。その失敗の時に自分を励ますために聖きことを食らいました。けれどもかかる時に、他人のために贖いをするために聖きことを食らわぬ方が宜しいと思いました。『モーセはこれを聞いて良しとした。』たとえこれは一番高尚なる途でありませんでもこれを良しとしました。アロンの答えはいかなる意味ですかならば、必ずかかる時に神の律法の儀文に従いてそれを食らうことができます。けれどもほんとうに心中に犠牲の重荷を負うてそれを食らうことができません。それゆえに、その儀文を守ることはできます。その霊の意味を守ることができません。そうですからそれを食らうことをやめました。それによってアロンの心中に律法の儀文よりも律法の霊の意味は大切であることが分かりました。律法の時代にも、その儀文を守るよりもその霊の意味を堅く守る方が、神を喜ばすことでした。況やいま聖霊の時代においてはなおさらのことです。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |