第十一章  聖と汚れの区別



 十章と十一章は、レビ記の別れる所です。一章より十章までは聖潔と神の事柄について録されてあります。十一章より十五章までは罪と人間の事柄について録されてあります。
 概略に十一章より十五章までを見ますれば、
 十一章において聖きことと汚れたることとの区別を見ます。
 十二章において人間は誰でも罪の中に生まれたることを見ます(二)。
 十三章において癩病の説明を見ます。すなわち性質の罪です。
 十四章において初めに癩病人の潔められたることを見ます(二〜三十二)。次にイスラエルの家の癩病を見ます。すなわち私共の生涯の汚れです。
 十五章において自分の罪のために他の人を汚すことを見ます(二)。
 この五つの章において格別に罪のことが論ぜられてあります。聖書の中に罪について一番詳細に録されたる所です。どうぞ私共はこれによって罪の如何なるものなるかが解って、それより離れる決心を致しとうございます。

【一、二節】
 今まで神は宮の裡に善悪を弁別することを教えたまいました。けれども通常の処において潔きことと汚れたることとの区別を教えたまいます。また諸々の獣の中に潔きものと汚れたるものがありますから、イスラエル人は何時でも慎んで聖きことを守って生涯を暮らすべきことを教えられました。神は私共にも同じことを教えたまいとうございます。今までイスラエル人は聖き誡めを守って神の前に聖き者でありました。そうですから自分の聖き心に従って生涯を暮らしますならば危ういことはないと思うかも知れません。けれどもこの聖き者は汚れたる世の中にあって汚れたる者に向かいますから、不断慎んで自己を守らねばなりません。エペソ五・十五をご覧なさい。悟りを開かれたる者のように、本当に神の知識を得たる者のように、汚れたることを悟る者のように生涯をお暮らしなさい。私共は四周にある者によって自己を汚すことができます。どうぞこれを堅く覚えとうございます。私共の四周にある者のために聖きを失うことができます。聖き心を汚すことができます。そうですから恐れと慎みとをもって不断自己を守らねばなりません。この十一章の誡めによってイスラエル人はカナンがエデンの園のごとくでないことを覚えました。これは神の約束の地であります。けれどもエデンの園のごとくではありません。私共はレビ記一章より十章までのごとく神の前に聖き者でありましても、不断汚れたる者に出会います。
 イスラエル人は自分の畠に出た時に、鳥、獣、或いは昆虫を見て、それによって罪のあることが解りました。それによって自分は汚れたる世の中にいることが解りました。汚れたる鳥、汚れたる獣、汚れたる昆虫をも見ました。それによって何時でも罪の結果、サタンの業を覚えました。そうですからそういうことを見ることによって教えられました。けれどもそれのみではありません。本章八節をご覧なさい。その意味は何でありますかならば、それを心の中に受け入れぬことです。私共はこの汚れたる世の中に生涯を暮らしますから、必ず汚れたることを見ます。けれどもそれを見ましても、心を潔くして守ることができます。それを見ましてそれを食らう者、或いはそれに触れる者はそのために汚れを得ます。それによってどうぞ試錬と罪の区別を悟りとうございます。必ず私共は試みられますけれども、試みられましても聖き心をもって罪の汚点を得ずしてその試錬を耐え忍ぶことができます。
 私共は食らうものによって自分の状態が解ります。かの放蕩息子の状態を見ますならば、堕落せる時に豆莢を食べておりました。けれども悔い改めて再び息子として受け入れられた時には、立派な食物を食べることができました。その食物によってその人の有様を判断することができます。私共は汚れたる心がありますならば喜んで汚れを受け入れます。けれども汚れたる心がありませんならば汚れたるものを悪みます。心の中に饑えたる状態がありますならば喜んで豚の食物を食べます。けれども父の家に帰りますならば必ずそういう食物を悪みます。それを恐れてただ聖き食物のみを食べます。私共は喜んで心の中に受け入れるものによって心の模様を判断することができます。そうですからそのものの善悪を分かつことは大切です。その時にイスラエル人はどうして汚れたる食物と聖き食物とを分かつことができましたかならば、神の誡めによってでありました。私共は如何にしてほんとうに汚れと聖きとを悟ることができますかならば、神の言葉によってであります。私共は神の言葉によって悟りを開かれて罪を悟ることができます。ヘブル五・十四をご覧なさい。私共はそんな者でありますか。ほんとうに神の前に神の悟りを得て、『善悪を見わける』者でありますか。
 ピリピ四・八をご覧なさい。『心にとめなさい。』すなわちそれを食することです。そういう聖きものを食することです。或る信者はたびたび悪しきことを思います。たびたび汚れたることを思います。またそういう思いによって、そういう物を食べることによって、自己を汚します。それによって新聞を読むことの危険なることが解ります。それを恐れて気を付けとうございます。新聞には汚れたる世の有様が示されます。汚れたる人間の有様、人間の種々の肉欲、またそういう欲を起すことが書いてあります。およそ新聞は汚れたる食事です。どうぞ気を付けとうございます。もし甘んじてそれを読みますならば、全くそれを止めることを勧めとうございます。テモテ前書四・十五をご覧なさい。英語では意味が強うございます。『これらの事に思いをめぐらし、それにあなた自身のすべてを献げなさい』という意味です。すなわち聖きことを食するべしという意味です。マルコ四・二十四をご覧なさい。『聞くことがらに注意しなさい。』聖き心を有ちとうございますならばそれは大切です。聖き者でもそれを慎まぬためにまた汚れを得ます。
 この十一章八節に『食べてはならない。また触れてはならない』とあります。創世記三・三、六をご覧なさい。エバは漸う触りました。『女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから』、彼女は触りました。心の中にそれに触りました。またついにそれを取って食べました。心の中に触ることを恐れなさい。創世記三十九・十をご覧なさい。『共にいなかった。』ヨセフはその通りに触ることを恐れました。罪に近づくことを恐れました。どうぞ心の中に触ることをも恐れなさい。全く心の中に罪を食しませんでも、心の中にたびたび心の手を出してそれに触ることを恐れなさい。
 またこの章において他のことを学びます。聖潔は何であるか、汚れは何であるかを学びます。今それについて研究しとうございます。二節に『地にあるすべての獣のうち』とあります。九節に『水の中にあるすべてのもののうち』とあります。十三節に『鳥のうち』とあります。地の上と水の中と空中に飛ぶものの中に区別があります。たとえばキリスト信者は地の上に在る者です。他の方から見ますならば水の中にあります。また他の方から見ますれば鳥のようなものです。そうですからこの三つの区別によって教えられることができます。

【三節】
 『地にあるすべての獣』、すなわちこの世の中に歩んでいる者の中に聖き者はどういうものですか。ここに二つの条件があります。蹄の分かれたるものと反芻するものです。一つは歩むことに属します。一つは食べることにつきます。蹄の分かれたるものは危うき処を歩むことができます。そのために滑らずして岩をも歩むことができます。私共はそのような者である筈です。汚れたる世の中に聖き心を持って聖き生涯を暮らすことは実に危うくございます。けれども聖き者はそのように足を堅くすることができます。詩篇十八・三十二をご覧なさい。また詩篇百十六・八には三つの救いが記してあります。先に読みましたように鹿の足のようですから危うき処を歩くことができます。これに反して箴言七・八をご覧なさい。かような人は鹿の足がありませんから踏み止まることができずして、このような危うい場合には必ず亡ぼされます。また蹄の分かれたることは速さをも示します。鹿のごとくに速く歩んで参ることができます。聖き者は必ずその通りに歩む者です。また反芻します。詩篇百十九・九十七をご覧なさい。これは反芻することです。牛は長い間草を噛みます。またそれから休息してそれを反芻します。聖き者は神の言葉を深く思います。詩篇六十三・五、六をご覧なさい。それは反芻することです。たびたび何もすることができずして休まねばならぬ時に、あなたの思いはいかがですか。或いは人を待たねばならぬ時があります。或いは汽車を待たねばならぬ時があります。或いは何もせずして時を費やさねばならぬことがあります。或いは夜眠られぬ時にそのままに寝ておらねばならぬことがあります。かかる時にあなたの思想はいかがですか。それによって心の有様を判断することができます。
 けれども聖き者はそれのみではありません。聖き者は神の前に時を費やして神の言葉を反芻します。ルカ八・十五をご覧なさい。それは反芻することです。ただ聞くのみではありません。これを守ることです。心の中にこれを思うことです。かように聖き者は必ず蹄の分かれたる者です。また必ず反芻します。

【四節】
 駱駝のような信者は汚れたる者です。その人は反芻します。神の言葉を受け入れます。けれども善悪を弁えません。その蹄は分かれませんから汚れたる者です。ヤコブ一・二十二をご覧なさい。これは駱駝信者です。駱駝信者は聴くのみにして自己を欺きます。けれども聖き者は言葉を行う者です。駱駝信者は必ず馳場を走らぬ者です。ただ徐々と歩きます。重荷を負います。けれども呟きながら重荷を負います。牛馬はそういうことを致しません。駱駝は呟きながら旅をします。駱駝は獣の中で一番短気な者です。駱駝は汚れたる者であります。彼はまた何処におりますかならば荒れ野におります。決して牧場におるものではありません。駱駝信者は牧場を知りません。良き草を食む者ではありません。駱駝信者は喜びがありません。満足がありません。ただ呟きながら旅をします。そういう信者がたくさんあります。幾分か働きます。けれども駱駝信者でありますから神の前に汚れたる者です。『あなたがたには汚れたものである。』どうぞ駱駝信者とならぬためによく蹄が分かれて善悪を弁えとうございます。

【七節】
 また豚信者もあります。そういう信者は蹄の分かれたる者であります。けれども反芻しません。ルカ十八・九のパリサイ人は豚信者の絵画であります。この人は蹄の分かれたる者です。善悪を弁えます。けれどもほんとうに神の言葉を反芻しません。これは豚信者であります。蹄が分かれてありましても一番汚れたる者です。心の中に種々を罪が働きます。高慢があります。自己を高くすることがあります。けれども心の中は豚のような汚れた者であります。ペテロ後書二・二十二をご覧なさい。ひとたび潔められました。けれどもまた泥の中に伏します。ひとたび鬼が追い出されてまたそれを受け入れますならば、後の有様はなおなお汚れたる有様となります。自分は聖き者と思って神の言葉を反芻しませんならばパリサイ人となります。豚信者となって神の前に一番汚れたる者となります。
 どうぞこの動物によって教えられとうございます。神は動物によってその民を教えたまいとうございます。神は聖書に二十四種の動物を雛形として人間を比べたまいます。私共はどうぞ動物によって教えられ、汚れを去って、神の子供として歩きとうございます。聖なる者として汚れず、かえって他の人々を聖に導き、神の貴きものとなりて生涯を暮らしとうございます。

【九節】
 格別に私共は食するべきか、或いは食すべからざるかについて研究せずとも宜しいかも知れません。けれどもこれによって聖き者の有様を見ます。また聖からぬ者の有様を見ます。そのためにこれを研究しとうございます。
 水はこういう現象です。一方から見ますならば、信者はこの世の中におる間はこういう現象におる者です。九節において鰭と鱗のある者は聖き者です。この二つのもののなき者は汚れたる者です。鰭と鱗の意味は何ですかならば、鰭は進むためです。鱗は守られるためです。この世の中にこういう現象におる間に進みませんならば汚れたる者です。護られませんならば必ず汚れます。そうですから鰭も鱗も必要です。この汚れたる世の中に戦いませんならば必ず聖き者ではありません。聖き者は必ず戦って守られます。パウロは鰭も鱗もありました。ピリピ三章において、パウロは恵みより恵みへ進むことを見ます。自己を妨げる者と戦って上の方へ進みます。これは鰭のことを指します。またピリピ四・七において、神の平安は不断パウロの心を護ることを見ます。それは鱗を指します。
 どうぞ神の前に自分は鰭と鱗があるや否やを確かめとうございます。そういう精神がありませんならば、いかに悔い改めて一度潔められたることがありましても必ず聖き者と言われません。

【十三節】
 鳥の中に如何なる者が聖きものなるか、如何なる者が汚れたるものなるかを記されてありません。格別に主義が書いてありません。けれども十三、四節は肉を食う鳥です。汚れたる者は肉に属けるものを慕います。これらは肉に属ける楽しみ、または欲がありませんならば満足しない者です。それについて自分の心を省みとうございます。私共はこのように汚れたる肉を食べたく思う者ではありませんか。また十五〜十九節をご覧なさい。こういう者は何でも食べます。差別をせずして物を食べます。聖き者は必ずそのようなことを致しません。聖き者は差別を立てて心の中に物を受け入れます。ある信者は何でも食べます。すなわち何でも読みます。何でも聴きます。どういう談話でも区別せずして聴きます。どういう新聞や雑誌でも区別せずして読みます。こういう人は忌まわしい鳥のような者です。私共は神の聖き者となりとうございますならば、そういうことを避けて神の心に適う聖きことばかりを心の中に受け入れねばなりません。
 この汚れたる者は鳥の中におります。たびたび翼を張りて上に昇る者の中にそういう忌まわしき者があります。そういう信者は時によって信仰を延ばして神に近づくことを得ます。けれどもこの鳥のように何でも心の中に受け入れますから聖き者ではありません。

【二十節】
 昆虫について記されてあります。ピリピ三・十八、十九をご覧なさい。この十九節は昆虫のような信者です。世に属ける思想をもって自分の飲食を思い煩う心の汚れたる者です。パウロはここで信者について書き送りました。これは聖き信者ではありません。信者の中にこのような昆虫のような者があります。私共はかえってここにあるごとく翼を張って上に昇る筈です。昆虫は必ず汚れたる者です。

【二十五節】
 死骸に触ることのために汚れを得たる者は直ちに衣を洗わねばなりません。そうですから幾分か聖潔を得ます。けれども幾分か汚れが残っております。できるだけその汚れを洗います。けれどもやはりその汚れの汚点が晩まで残っております。晩まで謙りて身を慎みておるべき筈の者です。私共はこの世にある者のために汚れを得たる者であるならば、すぐにそのように洗わねばなりません。聖潔を受けねばなりません。けれども聖潔を受けましても暫く己を卑くして、身を慎みておるべき筈の者です。私共は今この章を読みます際に、触れることなかれという言葉についてたいそう感じました。この章の初めから終わりまで、触れることなかれという言葉を見ます(八、二十四、二十六、二十七、三十一、三十九)。どうぞ汚れにお触れなさるな。私共の周囲には汚れがたくさんにあります。必ず信者はそういうことを致しません。そういうものを食べません。けれども触れることも禁ぜられます。それに近づくことも禁ぜられます。私共はそれを食べませんでも、触れますならば汚れを得ます。それによって戒められとうございます。

【三十二〜三十五節】
 それゆえに格別家庭のことを守らねばなりません。家庭のことが汚れますならばそれは大変です。けれども汚れ易うございます。汚れたる者が落ちますならばそのために汚れを得ます。私共は汚れを防がねばなりません。格別に家庭の中に神の聖きことを守らねばなりません。私共は自然に神の殿を聖き処として守ります。けれども神はそれに満足なしたまいません。台所をも聖きものとせねばなりません。私共の周囲にあるものは悉く聖くあらねばなりません。ゼカリヤ十四・二十一をご覧なさい。このようにすべての器は神のために聖くあらねばなりません。すべて神のために用いねばなりません。イスラエル人は汚れを得たる者を亡ぼさねばなりませなんだ。神はそのように汚れたることを悪む心を起こしたまいとうございます。いかに大切なる物でありましても汚れたる物ですならばそれを毀たねばなりません。ユダ二十三をご覧なさい。

【三十六節】
 そうですから多くの水のある所、または流れる水のある所はそのために汚れを得ません。これは実に幸いです。私共はそのように活ける水の留まるところ、または泉である筈です。私共より不断生命の水が流れておりますならば私共はそのために汚れを得ません。不断聖き物となることができます。

【三十七節】
 これはたいがい同じ意味です。播ける種はやはり泉のように生命を与えるものですから、そのために汚れを得ません。ピリピ一・十五〜十八をご覧なさい。その時に播くところの種のうちにこういう汚れが落ちました。けれども播ける種が宜しければ福音は少しも汚れを得ません。これはちょうど本節のようです。必ずその人は汚れを得ます。けれども福音はそのために汚れません。種は生命ありて発育するものですから、たとい死骸が落ちましても汚されません。私共も他の者に生命を与えるために生涯を送りますならば汚されずして聖く守られます。

【三十八節】
 種の上に水がかかる時に汚れを得ます。食べることはできません。この種は播くところの種ではなく、食事に使う種です。生命を与える種ではありません。それがゆえに汚れを得ます。私共は他に生命を与えるためではありませずしてただ自分のために生涯を暮らしますならば汚され易うございます。

【四十三節】
 私共はここに書いてある這うもののような小さな罪を慎まねばなりません。それゆえに格別にそれを慎まねばなりません。伝道の書十・一をご覧なさい。このように私共はほんとうに聖霊を受けておりましても、死にたる蠅のような小さい罪がありますならば神の前に忌々しゅうございます。私共は小さき這うものの罪に気を付けなければなりません。這うものの罪につきてコロサイ三・五、八、エペソ四・二十五〜五・六をご覧なさい。這うものの罪がたくさんにあります。もはや聖められたる者はそういう罪について格別に気を付けなければなりません。

【四十四節】
 『あなたがたはおのれを聖別し、聖なる者とならなければならない。わたしは聖なる者である。』これはレビ記の眼目です。たびたびそういう言葉を見ます(十九・二;二十・七、二十六;二十一・八、十五、二十三;二十二・九、十六)。そうですから神はたびたび私共に同じ言葉を言いたまいます。ご自分の聖きこと、またそのために私共の聖くあらねばならぬことを言いたまいます。けれども汚れたる世の中に聖き生涯を暮らしとうございますならば、汚れたる者と聖き者との区別を弁えねばなりません。

【四十六、四十七節】
 イスラエル人が聖き者と聖からざる者との隔てを立てましたように、私共は心の中にそういう隔てを立てねばなりません。また厳重にそれを守らねばなりません。私共について聖き者と汚れたる者とは如何なるものなるかを神の前に定めねばなりません。曖昧にしておきませずして神の心をもってそれを定めねばなりません。エゼキエル二十二・二十六をご覧なさい。神の前にこのように罪を犯してはなりません。同四十四・二十三をご覧なさい。私共は他の人々にそれを教えねばなりません。私共は如何にしてその区別が分かりますかならば、ただ神の書物を研究することによってであります。イスラエル人はどうして汚れたる者と潔き者の区別が分かりましたかならば、神の言葉を研究することによってでありました。私共は力を尽くし時を費やして神の言葉を研究し、神の聖旨を明らかに知らねばなりません。コロサイ一・九、十をご覧なさい。このように神の聖旨を知って神を喜ばすことができます。神の聖旨を知り、悪と汚れを去り、聖きことのみを行って、いつまでも聖き者として生涯を送ることができます。私共は聖書によって神の聖旨を知りませんならば、知らず識らず汚れに触れ易うございます。聖書によって神の聖旨を知ることは極めて大切です。そういう知識を得ません兄弟は一度聖潔を得ましても知らず識らずその身を汚しますから、神の前に汚れたる者となります。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |