第二十三章  主の祭



 この章は主の定めの祭であります。喜ばしき祭です。今までレビ記を研究して罪人の罪を深く感じました。また罪の結果、すなわち神を離れること、病、亡び、苦しみなどを見ました。またそれと同時にキリストの全き贖いを見ました。罪人はいかにして聖なる神に近づくことができるかを研究しました。けれども人間は生来より罪人ですから、生涯の終わりまで神の前に悲しんでおるべき筈でしょうか。否、そうではありません。この二十三章を見ますならば神は人間を喜ばしめたまいます。神は私共が不断罪のために悲しんでいることを願いたまいません。かえって父の愛と救い主の全き救いを感じて喜ぶことを願いたまいます。申命記二十八・四十七、四十八上半をご覧なさい。神はイスラエル人に恵みを与えたまいます。円満なる贖いを与えたまいます。格別に私共の喜びを願いたまいます。それによりて神の慈愛が分かります。父がその子の喜ぶことを願いますならば、それはほんとうにその子を愛する故です。格別に今まで放蕩した子に向かってその喜びと幸福を願いますならば、その父はほんとうの父であります。私共の神はそのような神であります。私共の神はそのように全く私共を受け入れたることを示したまいます。今まで私共の罪を全く赦したまいました。今まで私共を全く和らがしめたまいました。ここで私共に命じたもうところの祭の話を見ます。この祭の意味は私共の喜びです。イスラエル人はただ時によって神の前に祭を祝いました。私共は不断神の前に喜ばねばなりません。またその祭の時に格別に安息を見ます。この章において働きを休むことがたびたび録してあります(三、七、二十一、二十五、二十八、三十、三十一、三十六)。
 そうですから神の喜ばしき祭の時に休むことは必要です。神は安息を与えたまいます。キリスト信者は心の中にそんな円満なる安息を頂戴することができます。これは神の喜びの特質です。心の安心立命がありませんならば神の前にほんとうに喜ぶことができません。これは神の確実なる恵みです。人間は自分の罪のために苦労を耐え忍ばねばなりません。働くこと(work)ばかりではありません。労して(toil)働かねばなりません。これは創世記三章の詛いであります。人間は罪のために労して働かねばなりませなんだ。けれども神は恵みをもってイスラエル人に安息を与えたまいます。私共は心の中にそんな円満なる安息を経験せねばなりません。苦労することは罪の結果です。心の平安は救いの結果です。そうですからこの喜ばしき祭において喜ばねばなりません。また安息は特質です。そうですからこの祭は未来の羔の婚姻の雛形であります。イスラエル人はこれを望んでこの喜ばしき祭を祝いました。私共は何故心の内に望みと喜びを抱くことができますかならば、未来の喜びを待っているのです。そのために心の平安があります。またそのために神の前に苦しみの中に喜ぶことができます。
 またこの祭の他の特質は火祭です。八、十三、十八、二十五、二十七、三十六、三十七をご覧なさい。そうですからいつでも祭の時に火にて物を献げます。これはどういう意味ですか。すなわち神の喜びを経験しとうございますならば十字架を負わねばならぬことを指します。十字架は喜びの下に隠れてあります。私共は十字架を負いませんならばほんとうに喜びを経験することはできません。たびたび私共は自分の心に従って十字架を負うことを免れとうございます。けれどもそれは喜びを避けることです。私共は神の前に喜ばしき祭を祝いとうございますならば、いつでも心の内に火にて祭物を献げなければなりません。いつでも神の前にすべての物を献げて聖霊の火のうちにそれを焼き尽くさねばなりません。

 第一 安息日(三節)
 第二 過越の祭(五節)
 第三 初穂の祭(九節以下)
 第四 ペンテコステの祭(十五節以下)
 第五 ラッパの祭(二十四節以下)
 第六 贖罪の祭(二十六節以下)
 第七 仮庵の祭(三十三節以下)

 第一の安息日は他の祭よりも大切であるかも知れません。そうですから神は毎週一度ずつそれを祝うことを命じたまいました。神は格別に信者に安息を与えとうございます。救いの特質は安息ですから七日目ごとにそれを紀念致します。この安息は何ですかならば物を造りたまえる神の安息の紀念です。パラダイスの安息の紀念です。人間は罪のために一度それを失いました。けれども神は恵みをもって毎週一度ずつその失われたる安息を再び与えたまいます。またそれは来るべき安息の前表であります。私共はそういう心をもって安息日を祝わねばなりません。神の恵を思ってそれを祝わねばなりません。或る人は厳しき命令であると思います。律法の軛であると思います。けれどもそうではありません。これは神の恵みです。労して働く人々に与えられたる神の恵みの賜物です。
 第二は過越の祭であります。これは何を紀念しますかならばイスラエル人がエジプトより救われたることを記念するためです。イスラエル人はもはや救われたる確信がありましたからこの祭を祝うことができました。救いを得ましたから喜ぶことができました。私共はそのように救われたる確信がありますならば不断神の前に喜ぶ筈です。そういう確信がありませんならば、心の中に疑い或いは恐れがありますから喜ぶことができません。けれども心の中にそういう確信がありますならば不断神の前に堅く立ちて喜ぶことができます。そういう喜びがありますならば格別に悪を去ります。
 六節に種入れぬパンの祭があります。これは何を指しますかならば全く罪と悪を離れることです。コリント前書五・七、八をご覧なさい。そうですからパン種は悪意と邪悪を指します。種入れぬパンは真実と至誠を指します。私共は心の内に救いの喜びがありますならば必ずそのように真実と至誠をもって神の前に喜びます。必ず悪意と邪悪を去りて神の前に聖なる喜びを持ちます。
 第三の祭は初穂の祭であります。これは何を指しますかならばすべての収穫を神に献げることです。初穂を献げましたからすべてのものを神に献げました。ローマ十一・十六をご覧なさい。初穂に潔ければすべての物が潔くなります。そうですからイスラエル人は初穂を神に献げることによってすべての産物を神に献げることを示しました。私共は救われたる者でありますならば必ずすべての物を神に献げます。すべての物をもって神に仕えます。すべてを献げて感謝します。格別に収入の十分の一を献げることによってすべての金が神の属であることを示します。これは神の前に喜ばしき祭であります。神に物を献げることは困難でありません。神に一切を献げることは喜ばしき祭であります。けれどもここでなおなお深い意味があります。主は人間の収穫の初穂であります。コリント前書十五・二十をご覧なさい。原語で復活の初穂となれりという意味です。ローマ八・三十四をご覧なさい。キリストは私共の初穂となりたまいましたから私共すべての代理人となりたまいました。私共の初穂は神の前に顕れたまいましたからすべての収穫が漸次神の属となって神の前に顕れることを指します。
 そうですからこの祭の話によって、ほんとうの順序を見ます。過越の祭においてキリストの死を祝います。カルバリ山の贖いを祝います。初穂の祭の時にキリストの復活と昇天を紀念します。
 第四はペンテコステの祭であります。これは聖霊の降臨を紀念します。ご承知のごとくペンテコステの言葉の意味は第五十を意味します。これは五十日目の祭ですから格別にその隠れたる意味は聖霊の降臨です。その日には異なる初穂の献げ物を見ます。十七節をご覧なさい。この初穂の献げ物は以前の初穂の献げ物のようではありません。そのままに穂を献げることではありません。これはもはやパンに造られたる麦の献げ物であります。前の初穂の献げ物はキリストご自身の昇天を指します。今の献げ物は教会を指します。すなわちキリストの働きがもはや成就せられたることを指します。ペンテコステの日において教会が神に献げられましたことを指します。キリストは一粒の麦として墓に葬られたまいました。またその復活と昇天によって多くの実が結ばれました。またそのために今このパンができました。この譬話を説明しますならば、キリストの贖いによって救われた者、また潔められた者を神に献げることができます。キリストの贖いの働きはもはや成就せられました。そうですから救われたる者は神の初穂と言います。ヤコブ一・十八をご覧なさい。すなわち初めに結べる実です。黙示録十四・四をご覧なさい。すなわち初めの果です。そうですから私共は神の収穫の初穂であります。教会も神の大いなる働きの初穂となります。
 また十八節のごとく、それを神に献げると同時に血を流してその贖いをします。私共は自己を神に献げるならば、羔の血に依り頼んでその身を献げねばなりません。自分の功績に依り頼んで、或いは自分の義に依り頼んで、潔き献げ物を献げることはできません。ただ流されたる聖血のために神に潔き初穂の献げ物を献げることができます。私共はそのように神に献げられたる者ですならば、格別に生涯の上に親切に顕さねばなりません。
 二十二節をご覧なさい。神はそのようにいつでも親切を尽くすことを教えたまいます。貧しき者を憐れみ、また旅する異邦人を憐れむことを不断命じたまいます。また格別に神の初穂として献げられたる者であれば私共はそのように親切に尽くさねばなりません。神の栄えのために人間を憐れみ、人間に親切を顕さねばなりません。
 二十三節以下を見ますならば七月の祭の話が記してあります。七月に三つの祭が記してあります。これは大いなる祭の月であります。もはやユダヤ人は収穫を終わりました。そうですから格別に休むべき時であります。また格別に神の前に集ってその収穫を感謝して聖き祭を祝います。
 第五 七月の第一の祭はラッパを吹く祭であります。これは何を紀念しますかならば出エジプト記十九・十六、十九を紀念します。この祭は格別にそのようなことを紀念します。またこのラッパは神の声を指します。イスラエル人はその祭のラッパを聞きました時に、神はもはや人間にその聖声を聞かしめたもうたことを紀念します。そうして厳粛にその命令に従わねばならぬと思いました。それは私共に何を教えますかならば、他の人々に神の声を聞かせることです。イザヤ五十八・一、ホセア八・一、ヨエル二・一をご覧なさい。そうですからラッパを吹くことは人間に神の聖声を聞かせることを指します。すなわち福音の宣伝を指します。神の聖旨を伝えることです。私共は不断神の前にそんな祭を祝わねばなりません。これは神の民の喜びであります。喜びの祭です。他の人々に福音のラッパを吹くことです。
 第六 また七月の第二の祭は贖いの祭です。私共は前に十六章において贖いの日を研究しました。格別にその日にユダヤ人の罪がみな取り除かれました。今一度神と和らぐことを得ます。これはその年中の一番幸いなる祭でありますかも知れません。格別に罪を記念する日ですから、身を悩まし、自分の罪を思い、悲しんで神の前に出なければなりません。
 第七 また七月の第三の祭は仮庵の祭であります(三十四〜四十一)。そのようにユダヤ人は七月に枝をもって小さき小屋を作りました。またそれによって毎年、荒野を旅せし時に天幕の中に生涯を暮らしたことを紀念しました。毎年の何日でしたかならばちょうど収穫の済んだ時でした。ちょうど神の手よりもう一度豊かなる恩を得たる時でした。豊かに富を得たる時にかように祝います。荒野において何をも持ちませなんだ。富を蓄える折がありませなんだ。毎日神の手より恵みを得て生涯を暮らしました。毎日ただ信仰をもって暮らしました。夕になれば翌朝のために何の貯えもありませなんだ。けれども今カナンの地においてはそうではありません。毎年の収穫を貯えて生涯を暮らします。そうですからちょうどその富を得たる時に、すなわち毎年収穫の時に、以前の信仰の生涯を紀念します。神はそれをもってユダヤ人に何を示したまいましたかならば、富が与えられましても、何をも持っておりませなんだ時と同様に、ただ信仰をもって生涯を暮らさなければならぬことを教えたまいました。収穫のなき時に、旅行をしました時に、神を信じて毎日神より恵みを与えられました。いま神は豊かなる富を与えたまいました。けれどもこれも神の聖手より与えられたる恵みであることを紀念しなければなりません。そうですから神が与えたもうたる富を貯えました時に、神はわが神である、神は恵みの源であることを、毎年紀念しました。
 またこの祭は格別に来るべき栄光の雛形であります。未来における主の聖国の雛形であります。イスラエル人はいつでもかような思想をもってこの祭を祝いました(ゼカリヤ十四・十六〜二十一)。そうですからこの祭は格別に来るべき平安の時、来るべき喜びの時を指します。ペテロは変貌山において主の栄光を見た時に、仮庵の祭がもはや成就せられたと思いました。そのまことがもはや来ましたと思いました。主の聖国が来て、今から仮庵の祭のまことを経験すると思いました(マタイ十七・四)。またエルサレムにおる人々は、主を迎えたる時にもはやほんとうの祭が来ましたと思いました。そうですから仮庵の祭の時に樹の枝をもって主を迎えました(マタイ二十一・八)。またその意味はもはや主の聖国が来りました。主の栄光が顕れました。そうですから今から平安と望みをもって神を祝おうと思いました。黙示録七・九、十をご覧なさい。これはほんとうの仮庵の祭でありました。人間はこの通りに樹の枝をもって神の聖前に出ました。勝利の印、平安の印、喜びの印をもって神の前に出ました。またこの人々は神の収穫でありました。イスラエル人は収穫がもはや済みました時にそれを祝いました。この人々は神の収穫でありますから神の前に出て神を祝いました。
 毎年イスラエル人はこの祭を祝いました時にそのようなことを俟ち望みました。
 本章の祭を考えて見ますれば格別に大いなる祭が三つあります。第一、過越の祭、第二、ペンテコステの祭、第三、仮庵の祭でありました。過越の祭において過去のことを紀念しました。羔の血によって救われたことを紀念して神の前に喜びました。ペンテコステの祭において現在のことを思って喜びます。収穫の初穂でありますから神の恩を受けて喜びました。それはいま聖霊を受けて喜ぶことです。また仮庵の祭において未来のことを俟ち望みました。これは未来の栄えと未来の安息を俟ち望む祭であります。私共は不断この三つの喜楽をもって神の前に喜ぶ筈です。過去において救われたることを喜び、いま聖霊を受けることを喜び、未来の栄えを望みて喜ぶ筈です。これは私共にとって満足ではありませんか。私共はそういうことを考えて喜ぶことができませんならば実に頑固なる者であります。そういうことを考えますならば、身に属ける苦しみ、世に属ける苦しみがいかに烈しくありましても、神の前に喜ぶ筈です。またこれは三位一体の神を喜ぶことです。過去において聖子の血に救われました。いま聖霊の恵みを得ます。未来において天父の栄光を見ます。かく三一の神を祝ってお喜びなさい。また過去の救いを紀念して格別に信仰を延ばすことを得ます。また現在の恵みを考えて格別にを抱くことを得ます。未来の栄えを望んで格別に望みを抱くことができます。どうぞ信仰と愛と望みをもって神の前に喜びとうございます。これは二十三章の意味と教えの要点です。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |