第 五 章  罪祭の続き、及び愆祭



【二〜四節】
 二節から、心付かない罪のために献げる罪祭を見ます。私共はこの世を歩む間にたびたび知らずして聖なる神の前に罪を犯します。また私共は生来の罪のために分別心が鈍っておりますから、明らかに善悪を弁えることができません。それですから私共は神の前に自ら己を卑くして、神の光を求めなければなりません。断えず聖書の光に照らされて生涯を送らねばなりません。私共はそのために聖書の中で歴史の部分を祈禱をもって読むことが最も大切であると思います。多くの人が不注意にこれを読み流しにいたしますことは大いなる損であると思います。また他の人を扱う時にも、罪のために悟りが鈍くせられていることを心に留めて、最も柔和にしなければなりません。私共の言うことが義しくありましても、強く責めますならば、悟りに鈍いためにかえって神を離れて堕落することがたびたびです。注意しなければなりません。また私共が罪と感じない愆がたくさんあります。たびたび神の前に潔く歩みたいと熱心に求める人が罪を犯すことがあります。このような罪のためにも贖いを信ぜねばなりません。それがために主の血潮に依り頼み、その功績に祈り訴えねばなりません。イスラエル人が知らずして罪を犯しますならばそのために犠牲を献げねばなりませんでしたように、私共も知らざる罪、感じない罪であるといって等閑にしておいてはなりません。断えず主の宝血の功績に依り頼みて神の前に歩まねばなりません。

【五節】
 その罪が解りますならば必ずこれを言い表さねばなりません。そうしますならば神に栄えを帰します。詩篇五十一・四、ヨシュア七・十九をご覧なさい。またその罪のために血を流して犠牲を献げねばなりません。

【七〜十節】
 貧乏人の献げる罪祭があります。貧乏人ならば羊の代わりに鴿二羽を持って来ることができます。その一つは神のためでした。今一つは祭司のためでした。祭司がその一つを受け納れることによって、神がその罪祭を受け納れたまいましたことを示します。そうですからその人は安心して帰ることができました。

【十一〜十三節】
 鴿をも献げることのできません人のために神が罪祭の道を備えたまいました。もしその人が鴿を持ち来ることができませんならば、麦粉をもって神に罪祭を献げることができます。これは真に貧乏人に福音を伝えることです。神は貧しき者に同情を表してこれを慰め受け納れたまいとうございます。そうですからこのような僅かなものをもってでも贖いを受けられます。その量は一エパの十分の一でした。出エジプト記十六・三十六を見ますに、これはちょうど一日一人前の常食でした。この人はたぶん日々の食事のほかに献ぐべきものがありませんから神はこれをも受け納れたまいます。またこの人は自分の罪を贖うために一日断食してその食を神に献げます。それによりてこの人は深く罪の恐ろしきことを感じました。この麦粉の罪祭の上に油を注ぎません。乳香も付けません。何故なればこの罪祭は罪のためです。ただ神に馨しき香の献げ物をする時にはこれを付けます。けれども罪祭は怒りを転ずるためですから飾りを付けずしてそのままに献げます。
 その粉の一握りは全く壇の上に主に焼かれました。神の怒りの火の中に全く焼かれてしまいました。これによりて罪人の受くべき報酬が解ります。また十三節の終わりに祭司がその残余を食べます。それによって神がその罪祭を受け納れたまいましたことを示します。
 今一度『然せば彼は赦されん』という言葉があります。神は罪人を御自分に引くために、献げ物をすればさっそく罪の赦しを与える約束をなしたまいます。罪人は神の聖旨に従って犠牲を献げるならば、恐れを棄てて大胆に自分は神に受け納れられたと言うことができます。
 五章十四節より愆祭のことであります。愆祭は格別なる罪(原語では犯す罪一々を指す語です)のためです。イザヤ五十三・五を見ますと、愆と不義のために贖いがあると記してあります。不義のための贖いはキリストの罪祭です。愆のための贖いはキリストの愆祭です。

【十四節】
 『主はまた言われた。』黙示録の二章と三章において、同じ神が今一度語りたもうてその時の信者の心を探り、その真の有様を示したまいます(黙示録二・二、九、十三、十九;三・一、八、十五)。このところに知ると七度記してあります。これは実に厳粛なる語です。悉く私共の心の有様を知り、言葉と行いとを全く知りたもう神の聖声としてその誡めを受けることは実に厳粛なることです。神はその時代の信者の心を探りたまいましたごとくに、いま私共の心をも探りたもうことを願います。神が私共を探りたまいますのは私共を叱るためではありません。私共の心を癒すためであります。私共を今一度ご自分に近づかせたもうためです。十四節に主、モーセに告げて言いたまいましたのはそのためです。すなわちイスラエルを導くためです。過失を責めるためではありません。罪を贖う道、和平の道を示すためでした。私共はたびたび神の探りたもうことを知りません。また真実に注意いたしません。何故ですか、これは罪を捨てることを惜しむからです。けれども神が探りたもうならば、常に私共になおなお美わしき恩恵を与えたもうためであります。そうですから常に神の円満なる光を受けねばなりません。

【十五〜十九節】
 この十五〜十九を見ますれば神に対して行われることが記してあります。六・一〜七を見ますれば人間に対して行われた罪のことです。十五節をご覧なさい。真実に身も霊も神に献げませんならば神に嘘を言うことになります。自分のために働いて栄えを神に帰しませんならば神を騙ることになります。十五節は実に私共の心を刺します。知らずしてこのような罪を犯しましてもその罪は神の聖前に罪です。贖いがないならばその罪の刑罰を受けねばなりません。
 けれどもこの節によりましてまた神の恩恵をも知ることができます。神が『人もし過失(あやまち)をなし知らずして罪を獲ることあらば』と言いたまいますならばそれに適う刑罰を与えたまわねばなりませんと思いましょう。けれどもそうではありません。もし過失があるならば神は過失を贖う道を示して、兎にも角にも今一度ご自分の足下に導きたまいとうございます。
 そうですから常に神の聖旨を探り求めて真心をもってこれを行わねばなりません。罪のために私共の心が暗くなりました。そうですから良心に教えられましても十分に神の聖旨を知ることができませずして罪を犯します。このような罪を逃れるために、不断聖書を読み、その意味を味わわねばなりません。詩篇十九・十二をご覧なさい。私共は聖書の光の中に真に己を探って善悪を弁えることができます。詩篇九十・八をご覧なさい。『隠れたる罪』、そうですから私共はその罪を知りませんでも神はこれを知りたもうて、そのために心を痛めたまいます。たびたび神は他の兄弟をもって私共にかような罪を諭したまいます(ヘブル三・十三)。常に柔和をもってかかる勧めを受けなさい。心の中に高慢がありますならば勧めを受け納れません。或いは種々なる申し訳をします。そうですから神の光を得ませずして続いて知らず識らず罪を犯します。真の謙遜がありますならば喜んでかかる忠告を受けます。格別に伝道師が他の伝道師の忠告を喜んで受けます。またその忠告に従いてその行いを改めます。このような謙遜によって真に罪を恐れる心、また神の聖旨を行いたい心が顕れます。愆祭の時に常に牡羊を屠ります。アブラハムは創世記二十二・十三にこのように犠牲を献げました。この疵なき牡羊はキリストを指します。私共のすべての愆を贖う価あるキリストをご覧なさい。その贖いのために賤しき私共も神の前に価ある者となります。その疵なき有様のために疵ある私共は全き者とせられます(イザヤ五十三・五)。この牡羊の通りにキリストは私共のために傷つけられたまいました。私共のために死にたまいました。それを献げるイスラエル人はその苦と傷を見る時に自分の罪の恐ろしいことを知りました。私共はそのようにキリストの苦と傷を見て私共の罪の深いことを感ずる筈です。この牡羊は実に価貴き者でありました。『聖所(きよきところ)のシケルに従いて』(十五)。これによってもこれを献げる人が罪を悟ることができました。罪を犯すたびごとに価貴き牡羊を献げねばなりませんから罪の損失の大いなることが解ります。今はこのように献げ物をして神の恩恵を求めることを致しません。けれども罪を犯すごとに五円或いは拾円を出さねばならぬならば真面目なる人はこれによりて罪の損失を感じます。ましてその罪のために神の子の宝血が流されましたならば、罪のために来る損害の大いにして恐るべきことを感ずる筈です。けれどもキリストの宝血を見ましても罪の恐るべきことを感じません人が多くあります。これは真に悲しむべきことです。
 主イエスはたびたびこの比喩を用いたまいました。マタイ十八・二十四に千万金の負債したる者の話があります。この大いなる負債は罪人の罪を指すことです。私共はその通りに神の前に多くの罪を犯しました。マタイ五・二十六をご覧なさい。そうですから神は公平をもってその罪の贖い、或いはその罪の刑罰を要求したまいます。ルカ七・四十一をご覧なさい。いま神はその通りに罪人を憐れみ、罪の大いなる借金を赦したまいます。けれども罪は必ず損を招きます。或いは罪人の損失です。そうでないならば神の損失です。神が罪人の負債を払いたまいその贖いをなしたまいますならば、必ずご自分に損失を受けたまわねばなりません。それを考えまして深く神の恩寵を感謝せねばなりません。神は何もなくして徒に罪を赦したもうことができません。必ず自ら損失をしてこれを償いたまいます。詩篇四十九・七をご覧なさい。『まことに人はだれも自分をあがなうことはできない(誰一人己が兄弟を贖うこと能わず=文語訳)。』必ず自分の力で、或いは他の人々の力で神に対して罪の負債を払うことができません。ヨブ記三十三・二十四をご覧なさい。その通りに神はご自分より罪の損失に対して贖い代を出したまいます。テモテ前書二・六、ペテロ前書一・十八。その通りにイスラエル人は牡の羊を屠りまして、その血を流して罪の償いをすることができました。キリストは全く罪の悪しき結果を癒したまいます。キリストの贖いによりて神に栄光が帰せられ、罪人に義が帰せられました。どうぞあなたの牡羊たる神の聖子をご覧なさい。またその牡羊のゆえに私共に与えられたる全き救いをご覧なさい。そのために罪人も今一度憚らずして神の前に立つことができます。そのために罪の耻、また罪の亡びが全く取り除かれました。それに在る者と共に私共の罪祭たるキリスト、またその血を頌め讃えよ。
 十四〜十六節に『五分の一を加えて』とあります。六・五にも同じことがあります。必ず犯したる罪のために私共は益を得ません。悪魔は私共を欺いて、罪を犯すならばそのために利益を得るように思わせます。たいがい人はこれを信じます。けれども罪のために益するところは少しもありません。神に嘘を申しました。利益を得ることはできません。五分の一を加えることは罪の損失を示します。神を騙りますならば全く亡ぼさるべき者であります。けれども神はこの通りに私共に罪の赦しの途を備えたまいました。
 この五分の一を加えることによりて何を教えられますか。これによりてすべての物が神のものたることを表します。創世記四十七・二十四、二十五をご覧なさい。このエジプト人は五分の一を王に献げることを惜しみません。何故なれば王はその生命を救いたまいました。飢饉のために苦しんでおりました。饑え死にせんとしておりました。けれども王はその命を助けましたからエジプト人は喜んでその所有の五分の一を王に献げました。それはすべて王の有たるべき筈でした。けれどもただその五分の一を求めました。その通りに五分の一を加えて神に献げます。罪を犯しますならばすべてを神に献げねばなりません。けれどもその表号として神は五分の一を求めてその罪を救いたまいます。罪人は罪の損失を償わねばなりません。またこれに五分の一を加えねばなりません。神は罪のために損を受けたまいますか。罪のために神の大いなる御工は毀たれ栄光は汚されました。けれども神のお働きは損ぜられません。罪のためにはすべての望みがなくなりましたと思われます。けれども神はかえって十字架によりて大いなる勝利を得たまいました。人の罪を犯しません前よりも大いなる栄光を受けたまいます。これによりて神の全能を知ることができます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |