第十八章 家庭の聖潔



 十八章は家庭について書かれてあります。すなわち家庭を聖くすることが書いてあります。これは詳しく調べません。しかしこれもみな神の聖き言葉として受けねばなりません。
 十八章より二十三章までに『わたしは主である』という言葉が三十九度録されてあります。そうですからこれを読む時に人間の法律と思わず、神の法律と思って慎重にこれを読まねばなりません。もし人間がそのままに読みますならば、賤しき心を起し罪を犯すかも知れません。そうですから神は格別にこれらの章中にたびたび『わたしは主である』と言いたまいます。私共は自分は決してこの大いなる罪を犯さぬと思います。けれども神は人間の心をよく知りたまいます。人間がいかほどまでに大いなる罪を犯すことができるかを知りたもうので、これを示したまいます。
 ローマ書一章の終わりにこの恐ろしき罪の結果が示されてあります。何故神はこの罪のために詳しく話したまいますかならば、神は家庭を聖くすることを求めたまいます。神は強き繋累をもって一家族を繋ぎたまいとうございます。カナン人は未だ神の法律を得ません。けれども心の中にこれが罪であることを知りました。この二十四、二十五節をご覧なさい。罪人はこれは罪であることがわかりました。けれどもなおこれを行いました。そうですから神は全くこれを亡ぼしたまいました。かような罪の流行する所には必ず滅亡が伴うことを歴史上に見ます。歴史中一番盛んなる強国はローマでした。けれどもついにこの罪のために汚れて神に亡ぼされました。国がいかに文明でありましても、いかに隆盛でありましても、この罪があれば必ず亡ぼされます。どうぞ神を畏れてこのような誡命を読みなさい。神の歴史を調べて畏れをもってこれをお読みになることを望みます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |