第十五章  流出の譬え



 十三章十四章において癩病によって罪のことを教えられました。自分の身の上に罪の結果とその恐るべきことを教えられました。この十五章においては神は他の譬えによって罪の恐るべきことを教えたまいます。これは流出の譬えであります。
 私共は性質の汚れたる者ですからかようなことについて語ることはできません。しかし聖霊の導きを得て静かにこれを考えることは大切です。
 癩病によって格別に自分の身を汚しまた他人を汚すことを学びました。自分を汚すことよりも他人を汚すことは恐るべきことです。本章を見ますれば格別に近傍に住む者、同居する者、或いは交際する者を汚します。これを考えますならば罪は実に恐るべきものです。罪は啻に自分を汚すのみではありません。その四周にある愛する人々を汚します。
 この流出は何を譬えますかならば、心の中に静かに隠れたるところの汚れの流出を指します。人間の目に隠れたるものであります。けれども隠れたるところにおいて人を汚します。私共は心の密かなるところに隠してあると思いましても、これは明らかに他の人を汚します。心の中に隠れたる罪がありますならば汚れの流出を止めることはできません。マタイ十五・十九、二十の上半をご覧なさい。これはレビ記十五章の譬えの意味です。すなわちこれらのことによって自分の心を汚し、また四周にある人々をも汚します。
 心の潔き者はかえって恵みの源となります。ヨハネ七・三十八をご覧なさい。心の汚れたる者はその心より汚れの流れが出ます。他の人を汚す川が流れ出ます。心の潔き者は他の人を恵む恵みの川が流れ出ます。この二つのことをよく考えとうございます。自分はいずれに属いておりますか。パリサイ人のごとく隠しておりましても無益です。主の聖血によってすべての罪を洗われ、潔き者となって恵みの川の源となることを願います。
 私共は不断自分の心を守らねばなりません。私共の四周に汚れたる者が多くありますから罪の伝染を受けやすくあります。そうですから不断自己を守らねばなりません。詩篇百十九・一、黙示録三・四をご覧なさい。汚れの中に汚れたる人の中に歩みました。けれども自分を守り、潔き者として神の前に生涯を暮らしました。私共は汚れの伝染と世に属ける者の汚れを受け易うございますから、慎んで自己を守り生涯を送らねばなりません。この章を読むさえも聞き苦しくあります。けれどもこれはただ罪の譬えであります。私共はこのようなことを読むさえも嫌です。これによって罪の如何に忌々しきかを知ります。
 六節のことは、私共が罪の話をして心の中にこれを考えますならば、罪人の座に坐るようなものです。七節を見ますれば、その病人を助けるために来る医者でも汚れるかも知れません。私共は他人を救うために、他の者を聖きに導くために、罪人のところへ参る時に気を付けねばなりません。かかる際に格別に悪に導かれ易いものですから、決して肉の愛を出さずして聖霊によってことをなさねばなりません。八節を見ますれば、ちょっとしたことによって罪を受けることができます。すなわちふとしたことを聞き、ふとしたことを見ても、罪の伝染を受けます。ゆえに不断自己を守って生涯を送らねばなりません。十一節の意味は、罪人はたとえ親切をしても人を汚します。実に罪は恐るべきものであります。これを考えますならば、私共は自分の心の中に少しでも罪が残っていますならば、すぐに神の前に出て全き聖潔を受けなければなりません。神は全く潔めたまいます。すでに潔められたる者は不断霊の洗いを受けて聖潔を保たねばなりません。ヨハネ十三・十をご覧なさい。潔められた者でもこの世の中を旅するうちに足が少しく汚れておるかも知れません。そうですからたびたび主より足の洗いを頂戴せねばなりません。私共は世の汚れにおる者ですから不断守られねばなりません(コリント後書六・十七)。
 「水に身をすすがなければならない」という言葉はたびたびあります(五、六、七、八、十、十一、十三、十八、二十一、二十二、二十七)これは実に幸いです。汚れたる世の中にも不断聖潔の水が流れて、私共の心を潔め、聖き生命を与えたまいます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |