第 九 章  アロンとその民等の献げ物



【一〜四節】
 『主がきょうあなたがたに現れたもうからである。』(四)この言葉はこの章の眼目です。八章においてアロンとその子は祭司の任職を得ました。またその時に信仰をもってその任職と共にそれに適う力を得ました。けれどもそこには神の栄光が現れておりません。アロンはその表面の印によってその任職とそれに適う力を得たりと信ずることができました。この九章においてアロンとその子が働きを始めます。これは初めて祭司として神の前に犠牲を献げる時でした。またその働きを始める時に主の栄光が現れました。神はたびたびかように私共を祝福したまいます。私共は神の前に出でて身も魂も献げて信仰をもって油注ぎを得ます。けれども感情が燃えぬかも知れません。ただ信仰をもっております。けれどもそれから神の命令に従って働きに出ます時に神の栄光が現れます。また信仰は経験となります。神を現しますから神はその言葉に従って栄光を現したまいます。最早その恵みを得たと信ずる兄弟がそのままにして証をしませんならば、或いはその経験を得ませんかも知れません。大胆に進んで証しする時に主の栄光が現れます。
 前に申しましたごとくに、この人々は一週間静かに天幕の中に神の前に俟ち望みました。人間を離れて神の前に飲食しました。けれども漸く八日目に人間の前に出て神のために働く時が参りました。私共はこのような恵みを得た時に暫く神の前に待つ方が宜しいです。けれどもそれから大胆に働きに出でねばなりません。その時にこの祭司の務めは何ですかならば犠牲を献げることでした。言葉を換えて言いますれば、イスラエル人の眼前に流されたる血を示すことでした。私共の務めは何ですかならば人間に十字架を示すことです。ペテロがペンテコステの日において聖霊を得たる時に、集まれる人々に大胆に十字架を証しました。これは三、四節と同じことです。イスラエル人の眼前に流されたる血を示すことです。またその血の力、献身の力、また主の死ぬることのうちに自分も死ぬるものなることを示さねばなりません。このように十字架を示しますならば神の栄光が現れます。
 ゼカリヤ十二・十をご覧なさい。『彼らはその刺した者を見る時』、すなわち十字架に釘けられし主を見ることです。そうですから罪のために歎き悲しみます。またその時に主の栄光が現れます。同十三・一をご覧なさい。すなわち神の聖潔の力、神の聖き栄光が現れます。これはレビ記九章と同じことです。血によって栄光が現れます。そうですからこのイスラエル人はみな神の前に立つことを得ました(レビ九・五)。主を仰ぎてこの献げ物を献げました。使徒行伝十・四十四をご覧なさい。このように神の聖前にありましたから神の栄光が現れて参りました。みな神を仰ぎて、神の僕を見ませずして神ご自身を待ち望んで集まりました。そうですから神は恵みを降してその栄光を現したまいました。
 主の栄光について次の引照を見とうございます。
 第一 出エジプト記十六・七、十
 この章を読みますならば、その時に主はマナを与えたまいました。天の糧を与えたまいました。私共は主の栄光を見ますならばそのために霊の糧を得ます。これは第一の結果です。
 第二 出エジプト記二十四・十、十六
 その時に主の栄光が現れて、モーセは神を見ることを得ました。また神の聖旨を悟ることを得ました。神の栄光が現れますならば私共は同じことを見ます。
 第三 出エジプト記四十・三十五
 この章を見ますならば、その時にモーセは初めてこの天幕を建てました。また天幕を神に聖別しました。その時に神の栄光が降りました。何のためですかならばこれを自分の属とするためです。私共は神の栄光が現れまする時に同じことを見ます。すなわちその人を自分の属とするためです。また以後その人の心の中に住むためです。
 第四 レビ記九・六
 既に見ましたように祝福するために神は栄光を現したまいます。
 第五 民数記二十・六
 これは何の時ですかならば、水を与えたもう時でした。神の栄光が現れますならばそのために生命の水を得ます。
 いま概略にその引照を引きました。けれども民数記十四・二十二をご覧なさい。神の栄光を見ながら神に従いませんことは実に重い罪です。そうですからそういう人々に神の栄光が現れることはかえって彼らを亡ぼすためです。神はこのように不信仰の人間を罰するためにその栄光を現したまいます。同十六・十九〜二十一をご覧なさい。この人々は驕傲の罪に陥りました。それゆえに神は彼らを亡ぼさんがためにその栄光を現したまいました。同十六・四十二、四十四、四十五をご覧なさい。その時にも罪人を亡ぼすために神の栄光が現れました。終わりの日に主の栄光が現れますとき同じ結果があります。そのために神の民は祝福せられます。けれども敵する者は亡ぼされます。

【八節】
 アロンは第一に自分のために献げ物を献げました。これによってアロンはほんとうの祭司長でなかったことを示します。ほんとうの祭司長は自分のために犠牲を献げるわけはありません。自分の功績のゆえに他の人のために働くことができます。ヘブル七・二十六、二十七をご覧なさい。アロンはほんとうの祭司長にあらざることが分かりました。ただ主の雛形のみです。アロンは種々の過失、また不足がありましたからほんとうの祭司長となることができません。そうですから第一に自己のために犠牲を献げねばなりません。幸いにいま私共は全き祭司長をもっております。彼は私共を神に導きたまいます。また彼を通して私共は神の恵みを受けることができます。私共はアロンのごとくたびたび人間のために働きます。主と主の十字架を示します。どうぞその時はまず自分のために犠牲を献げなさい。すなわち先に、自分は亡ぶべき罪人であるが主の血によって救われた者なることを深く感じなさい。私共は説教する時に、自分は罪人にしてただ聖血のために救われた者なることを深く感じとうございます。このように人間に聖血を示す前に自己のために犠牲を献げます。また人間に救いを宣べ伝える前に、自分の心中に自分のためにそれを深く感じとうございます。たびたびこういうことは他の信者によく適うように見えますからそれを説教しようと思います。けれどもこういう思想をもって説教しますならばただ高慢に陥ります。これは自分が学ぶべき必要があると感じて自分の心中にその恵みを味わって、しかる後に他の人々に証します。これは正しき順序です。またこういう説教は神の前に馨しき香りの犠牲です。私共は神より教えられて、その恵みを証しする心をもって説教しとうございます。
 八節に『自分のための罪祭』、十五節に『民のための罪祭』とあります。これは注意すべき言葉です。
 またそのために神の栄光が現れました(二十三)。これは雛形です。いま主は私共のために天においてその全き贖いを示したまいます。そのために私共は神の栄光を見ます。神の恵みに与ることができます。何のために神の栄光を見ることができますか。自分の熱心のためでしょうか。或いは献身のためでしょうか。堅き信仰のためでしょうか。無論そうではありません。ただ主の贖いのゆえに恵みを得ます。その時にこのイスラエル人は何故に栄光を見ましたか。ただ贖いの血が流されたからです。彼らのために全き犠牲が献げられました。自分の信仰、自分の献身、自分の熱心のためではありません。必ずそういうものがなければなりません。けれどもほんとうに血のために恵みを得ました。私共は幾分か栄光を見ましたならば、幾分か聖霊を得ましたならば、それは天の所において主が私共の祭司長として聖血を示したもうゆえであります。
 ヘブル九・十一、十二、二十三をご覧なさい。主は己が血をもって神の前に出でたまいました。いま私共はそのために恵みを得ます。主は己が血を神の前に示したまいますから神は私共に栄光を現したもうことができます。天の所において贖いの徴が現れましたから地の上に神に恩恵が全く現れます。アロンはこのように神に対して犠牲を献げました。それゆえに二十二節に人間に対して恵みの言葉を言うことができます。手を上げて民を祝し、先に血が流されましたから今この穢れたる人間に対して恵みの言葉を言うことができます。またそのために人々はほんとうに祝福を得ました。この二つの方法を深く考えとうございます。第一は主の聖血です。第二は主の恵みの言葉です。主の血はすべての恵みの源です。けれども主の言葉を受けませんならばその恵みを受け入れることはできません。主の聖血のために私共は恵みを得ます。また主の聖言のためにその恵みを経験することができます。
 このように主の聖血のために私共に神の約束を与えたまいます。主の聖血に依り頼みますならば深く神の約束をお聞きなさい。主の聖血のためにすべての約束は兄姉の属です。約束の恵みは血に依り頼む者のためです。
 アロンは手を挙げて民を祝福しました。『手をあげて』、これは厳粛なる言葉の印です。これは神の誓いです。民等はアロンが手を挙げるを見てこれは厳粛なる言葉であることが分かりました。エゼキエル書二十章(文語訳)を見ますならば神が手を挙げて約束することを見ます。これは誓って厳粛に約束を与える意味です。神はこのように手を挙げて私共にこの祝福を与えたまいます。その祝福の言葉は民数記六・二十四〜二十六に録してあります。これは神の恵みの大意です。『守り』『恵み』『平安を賜る』。これは祝福の眼目です。父なる神は守りたまいます。子なる神は私共に父の御顔を現したまいます。聖霊なる神は平安を与えたまいます。父と子と霊の祝福を受けることができます。

【二十三、二十四節】
 このように聖血を見、また聖言を聞くために神の栄光を見ることができます。すなわち神の愛の御顔を見ることができます。神の聖旨を知ることができます。また火が主の前より出でて燔祭を焼き尽くしました。神の属とならしめたまいました。聖霊の火を降したもうて各自はその火を受けました。この章においてその天に属ける火を受ける順序を見ることができます。神は私共銘々にその火を与えたまいとうございます。聖霊の焔を私共各自の額に燃やしたまいとうございます。私共各自にその霊の冠を被らせたまいとうございます。どうぞ主の全き贖いを見、主の恵みの言葉を聞き、その見ることにより、その聞くことによって、神の栄光を受け入れなさい。眼によって耳によって神の栄光が分かり、全く神の属となり、その聖なる火を受けてこれから燃ゆる生涯を送りなさい。
 再び二十三、四節をご覧なさい。神はかような献げ物を受け入れたまいました。イザヤ六十・七をご覧なさい。かように献げ物を受け入れたまいますならば栄光その家を輝かせたまいます。私共の心中に同じことがあります。神は燔祭を受け入れたまいますならば必ず聖霊をもってその心を輝かせたまいます。『民はみな、これを見て喜びよばわり、そしてひれ伏した。』ゼパニヤ三・十四をご覧なさい。『シオンの娘よ、喜び歌え。』何故ならば十六、十七節のごとく神はその衷に宿りたもうからです。それゆえに声を挙げて感謝することができます。イザヤ十二・六をご覧なさい。神がその衷に在したもうゆえに声を挙げて感謝することができます。私共は肉に属ける力をもって感謝することがあるかも知れません。けれども神は霊に属ける力をもって感謝することを願いたまいます。黙っていることができずして神を崇めます。これはほんとうの聖き感謝です。神を宿しますならばかように感謝することができます。詩篇五・十一、同二十七・六をご覧なさい。どうぞ神にかように馨しき香りの叫びを献げなさい。『民はみな、これを見て喜びよばわり、そしてひれ伏した。』これはほんとうの礼拝です。神の栄光を見てひれ伏して拝することはほんとうの礼拝です。どうぞ私共の集会にてかような礼拝を経験しとうございます。
 ここに神の栄光が顕れました。これを出エジプト記十九章に比べとうございます。かの所にも神の栄光が顕れました。その十六をご覧なさい。『宿営におる民はみな震えた。』ここに声を挙げて感謝することがありません。ここにひれ伏して拝することがありません。同二十・十八のごとく遠く立ちました。ひれ伏す精神が起こらずしてかえって恐懼の精神が起こりました。何故にかような区別がありますか。出エジプト記十九章とレビ記九章において神は二度ご自分を顕したまいました。レビ記九章において血が流されました。けれども出エジプト記十九章には少しも血が流れません。ただ民が洗い潔められるだけでした。それゆえに神を見ることは実に恐ろしいことです。人間は血に依り頼まずして、ただ自己を洗い潔めて自分の力で悔い改めた有様にて神に面会することは恐るべきことです。そのために愛に曳かれて神の前に礼拝したき精神がありません。そのために喜びをもって神に感謝することはありません。かえって神の恐ろしき有様を見て遠く離れとうございます。けれどもレビ記九章を見ますれば血の力が分かります。神の栄光を見ましても、聖血の力によって少しも恐れがありません。かえって喜びと愛とが起こります。聖血のために憚らずして神の前に立つことを得ます。民等はこの血を見て神の恵みが解りました。神は聖血によってご自分の豊かなる恵みの貯蔵を顕したまいました。それゆえに罪人はその恵みに感じて、恐れを棄てて平安と喜びに満たされました。或る人は聖血に感ぜずして深く悔い改めて自分を潔くしますならば神の前に立つことができると思います。真心をもって悪を棄てますならば喜んで神に面会することができると思います。けれどもこれは大いなる間違いです。聖血がありませんならば如何に深く罪を悔い改めましても神に面会することは恐ろしいことです。けれども聖血のために平安と喜びと愛をもって神の前に立つことを得ます。
 全体として九章を見ます時に、これは主のこの地上における働きと再臨の雛形です。
 祭司長アロンが民の眼前に血を見せましたごとくに、全世界の人間の眼前に神の完き贖いが顕れました。二十二節を見ますれば、アロンは恵みの言葉を言いました。ルカ二十四・五十をご覧なさい、同章四十四節から見ますれば私共の祭司長の恵みの言葉を見ます。主は今に至るまで私共にこの恵みの約束を話していたまいます。けれどもレビ記九・二十三を見ますれば、『モーセとアロンは会見の幕屋に入り』とあります。祭司長は集会の幕屋に入りて暫く隠れておりました。ルカ二十四・五十一はちょうどそれを指します。すなわち天の幕屋に入りて暫く隠れていたまいます。けれどもレビ記九・二十三において、『また出て来て』。再び出て参りました。これは主の再臨を指します。『民を祝福した。』かような有様にて再度顕れたまいます。使徒行伝一・十一をご覧なさい。『天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう。』主は手を挙げて彼らを祝し、祝する時に昇りたまいました。『同じ有様でまたおいでになる』。民を祝して来りたまいます。『出て来て民を祝福した。』またそれから栄光が顕れて参ります。『そして主の栄光はすべての民に現れ』。主の再臨の時にその通りです。詩篇七十二・十九、黙示録二十一・十をご覧なさい。『神の栄光』、これは再臨後のことです。主が来りたもう時に神の栄光がこの世に顕れて参ります。新しきエルサレムのうちに神の栄光が顕れます。私共はその時にほんとうに喜びの献げ物を献げることができます。その時に叫んで神の前にひれ伏して神を拝し奉ります。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |