第 七 章  愆祭、酬恩祭の例



【一〜六節】
 これは愆祭の例(のり)です。私共は愆祭によって神の恵みを悟ります。愆祭は何のために設けられてありますか。それは神の民が罪を犯しますならばその罪を贖うためであります。けれどももはや罪を悔い改めて神の恵みを得たる者は、また罪を犯さずしてその時から聖き生涯を送る筈ではありませんか。けれども神はここでなおなお恵みを顕して、罪を犯しましたならばその罪を贖う道を示したまいます。
 罪を犯してその罪の贖いを求めますならば、どうぞ屠られたるキリストをご覧なさい。それを見ますならば、必ず砕けたる心をもって罪を悪みます。キリストは神の前に死にたまいました。一方より見ますればキリストはサタンの前、また人間の前に死にたまいました。それはサタンの働き、また悪しき者の働きでした。けれどもほんとうにそれは神の前でした。それは神の聖旨を成就することでした。それは神が許したもうたことでした。キリストはそれを暁りたもうて父の手よりその盃を飲みたまいました。ピラトの手よりではありません。祭司長の手よりではありません。ローマの兵士の手よりでもありません。本当に神の聖手よりその盃を飲みたまいました。キリストは実に神の前に死にたもうたのであります。
 ここに(二節)と(三節)と(六節)の用法について録されてあります。
 血は死の証拠です。また誰人でも見ることができる所にその血を注ぎました。それゆえに誰人にもその死が分かりました。キリストはこのように死にたまいました。キリストの贖罪は片隅にて行われたことではありません(使徒行伝二十六・二十六)。その時にすべての人々は国々より、エルサレムに集まりました。そうして彼らの目前に公に行われました。キリストの血は本当に人間の目前に流されました。いま私共は人間にそれを顕す責任を持っております(ガラテヤ三・一参照)。私共は誰人の目の前にてもキリストを顕すべき筈です。すなわち壇に流されたる血を誰人にも示さねばなりません。
 脂はいと美しき情と志と願いを指します。脂は全く神の属となりました。キリストの情、志、願い等は、みな神の属でした。全きものとしてただ神に献げられたることを見ます。
 肉は祭司長らが食しました。これによってそれを献げた者は、神に受け入れられたことが解りました。それは神が受け入れたもうた表面の徴でした。そうですからそれを献げた者は満足して帰ることを得ました。罪のために詛いを負いました。けれどもいま贖罪のためにその詛いが全く取り除かれましたから、安心して帰ることを得ました。

【七〜十節】
 そうですから神は祭司に毎日の生活を与えたまいました。コリント前書九・十三、十四をご覧なさい。福音時代においても同じ規則がありました。本当に福音を宣伝する者はそれによって生活を立てる筈です。これは神の規則です。
 けれどもここになおなお深い意味を見ます。祭司はどういう食事を得ましたかならば、神の聖き物でした。祭司は実に神に献げられたる物のみを食べました。私共は心中にどういう食事を得ますか。或る信者は肉に属ける種々なるものを読みます。世に属ける新聞や雑誌を好みます。けれどもそれはこの法に背きます。祭司は神の聖き物ばかりを食するはずです。また神はこのように祭司に必需物を与えたまいました。神は実にご自分の働き人にその働きのために無くてならぬ聖き食事を与えたまいます。必ず神はあなたに日々の霊の糧を与えたまいます。毎日聖き食事、主イエスを食らわしめたまいます。そうですからどうぞ毎日いと聖き所に入り、それを求めて、神の前で食しなさい。

【十一〜十三節】
 十二節に『感謝の』とあります。また十六節に『誓願(願はたし=文語訳)の供え物、または自発の供え物』とあります。酬恩祭にこの三つに犠牲があります。私共はそういう時に格別に神と交わることを得るはずです。酬恩祭は神と交わることを指します。そうですからそういう時に格別に神と交わることを得ます。
 私共は感謝の時に格別に神の聖顔を見る筈です。詩篇百十六・十七をご覧なさい。これは酬恩祭です。私共はこのように酬恩祭を献げる筈です。神の恵みと神の慈愛を悟り、主イエスの贖いを見て神に酬恩祭を献げる筈です。
 けれどもここに感謝の献げ物を献げる時にも血を流しました。私共は罪の贖いを求める時に、流された宝血に依り頼まねばならぬことが分かります。けれども啻にそれのみではありません。私共は感謝を献げる時にも、流されたる血に依り頼まねばなりません。何故ですかならば、私共は神に感謝するに足らぬ者です。神に感謝を献げる価値のある者ではありません。そうですから宝血に依り頼んで近づかねばなりません。私共はただ救われたる罪人として感謝を献げることができます。どうぞ歌をうたいます時に、感謝を献げます時に、それを覚えとうございます。私共は血を流しませずして酬恩祭を献げることを許されません。
 また十二節、十三節を見ますならば、酬恩祭と共に素祭を献げました。素祭は聖き生涯を指します。神に聖き生涯を献げることです。私共は神に感謝を献げとうございますならば聖き生涯を送らねばなりません。神の前にラッパを吹く祭司、或いは歌をうたうレビ人は、聖き布の衣を着ておりました。私共はこのような感謝を致しとうございますならば聖き生涯を暮らさねばなりません。神は汚れたる唇よりの感謝を求めたまいません。かかることはかえって神の聖前に無礼なることであります。

【十四、十五節】
 これはそれを献げたる者が食したことです。私共は感謝を献げますならばそのために霊の糧を得ます。そのために本当に天のパンを食らうことができます。ほんとうに霊と真をもって神に感謝しますならば、そのために霊の糧を得ます。私共は歌をうたいます時に、その歌の詞を暁って感謝しますならば、新しき恵みを得ることができます。
 けれどもこの肉は新しき時に食べねばなりません。それを翌朝まで残すことを許されません。その時にすぐに食べねばなりません。私共は過去に献げたる感謝のために霊の糧を得ません。現今の感謝のために新しき霊の糧を頂戴することができます。心中に感謝の霊がありますならばそのために生命のパンを得ます。私共は感謝の霊がありませんならば、酬恩祭を献げる心がありませんならば、いかに歌をうたいましても霊の糧を得ません。けれども私共に酬恩祭を献げたき心がありますならば神は必ず霊の糧を与えたまいます。どうぞ感謝は神に献げられたる犠牲であることを悟りとうございます。
 またこれは自分の喜びのためではありません。或いは他の人を喜ばすためでもありません。ただ神の前に馨しき香りを献げるために感謝をいたすのであります。神はそれを受け入れて喜びたまいます。ユダヤ人は祭司がその酬恩祭を食らうのを見まして、自分の酬恩祭が神に受け入れられたことが解りました。私共は感謝の献げ物を献げる時に、神がそれを受け入れたもうたことを確信して神と喜ぶことができます。

【十六節】
 『誓願の供え物、または自発の供え物』。私共は神に約束をしますならばそのために神と交わることを得る筈です。或いは格別に物を献げますならばそれによって神と交わることを得ます。申命記十二・十七、十八をご覧なさい。自意の供え物たる酬恩祭でした。収穫の感謝のためにそれを献げました。また神の前にそれを食わねばなりません。これは神を喜ばすためでした。神に献げられたるものですから神の前にそれを食らうて喜ぶ筈です。

【十六節下半、十七節】
 それゆえにこの酬恩祭を二日の間に食らうことを許されました。このように自発の供え物のためになお暫く神と交わり、神の霊の糧を頂戴することができました。けれどもこれでも新しいうちに食らわねばなりません。少しでも腐りますならば食らうことを許されません。神はいつでも私共に新しき霊の糧を与えたまいとうございます。私共は昨年恵みを得ましたから今それを覚えて恵みを得ると思うことは間違いです。神は新しき聖言を与えていつでも新しき恵みを授けたまいます。

【十九節】
 これは聖き食事です。また潔き者のためです。私共は罪によって汚れを得ますならば神の聖き霊の糧を得ることはできません。ただ潔き者のみがこれを食らうことを得ます。私共はいつでも宝血に依り頼み、宝血に潔められてそれを食らう筈です。

【二十、二十一節】
 感謝を献げることはそれほどに貴いことです。私共は祈りの貴いことは分かります。けれどもたびたび感謝の貴いことを忘れます。教会において歌をうたう時には、祈りをなす時のごとく厳粛なる念をもって歌わねばならぬことを感ずる者は少のうございます。けれどもこれは祈りのように貴いものです。この二十、二十一節のごとく汚れたるままにて酬恩祭を献げますならば、神はご自分の在す所より私共を投げ出したまいます。そうですから畏れをもって神に感謝を献げねばなりません。

【二十二〜二十七節】
 そうですから脂と血もただ神の属でした。脂は心の一番貴き情を指します。一番高き願いと慕いを指します。これはみな神の属でした。神にそれを献げねばなりません。神のためにそれを用いねばなりません。自分のためにそれを用いますならば大いなる罪です。またその獣の血も神の属です。血は生命です。命は貴いものです。神の属です。生ける者を見ますならば、その生命は神より出でたるものにして神の属であることを感じとうございます。

【二十八〜三十三節】
 そうですから祭司はその二つの部分を得てそれを食らうことができました。すなわち胸と腿です。胸はキリストの愛情を指します。腿はキリストの力を指します。このようにキリストはその愛と力を私共に授け、私共のために用いたまいます。どうぞ感謝してそれを受け入れなさい。私共はたびたび不信仰に陥り主の愛を感じません。或いは主の力は私共のためでありませんと思います。どうぞかかる不信仰を棄てて、祭司がいつでも胸と腿を得てそれを食らいましたごとくに、心中にキリストの愛と力を信じてそれを依り頼みなさい。

【三十五節】
 神は私共を祭司とならしめたまいます。宝血に贖われて聖霊の膏を注がれたる者は神の祭司です。神は祭司にこのように聖なる糧を与えたまいます。この次の章を見ますならば、神はイスラエル人の祭司を任職させたまいました。また任職を得るうちに神は彼らを養うために方法を備えたまいました。神はいつでもこのように働きたまいます。私共に務めを命じたもうならば、その務めを果たすために無くてならぬ恵みを与えたまいます。神は私共のものを使ってご自分の働きをなさしめたまいません。いつでも無くてならぬ恵みと力と愛を豊かに与えてその働きをなさしめたまいます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |