第十七章  血について



 十七章は血の大切なることと、またいかにして常にイスラエル人にこれを記憶せしめるかを記してあります。レビ記は大抵神の言葉ばかりであります。『主は、またモーセに告げて言われた』という言葉がいたる所に録されてあります。たとえば一・一;四・一;五・十四;六・一、八、十九、二十四;七・二十二、二十八;八・一(これより三章は歴史です)、十一章以下二十五章までの各章の始めとそれから二十七章の始めをご覧なさい。
 これは深く考えるべきことであります。これを見ますれば必ず軽々しくレビ記を読むことはできません。またこれを見ますれば全く神の黙示であることが解ります。これは全く神の言葉であると堅く信じて読みますならば実に益があります。主イエスもこれが神の言葉であることを言いたまいました。

【一〜五節】
 このようにイスラエル人が肉を食べました時に、常に自分のために流された血を紀念してそのために自ら救われし者であることを覚えました。そうですから神の前に柔和であることができました。そうしてこの肉を食べるごとに酬恩祭を思って食べました。そうですから美わしき聖き食事をなすことができました。
 私共は飲み食いの時にも、神のみ栄えのために神の前に神と共にこれをなすことができます。コリント前書十・三十一、コロサイ三・十七、これは同じ意味です。
 この時イスラエル人は毎日神よりマナを与えられましたから、たびたびは肉食をしませなんだでしょう。けれどもカナンの国に入り、肉食をすることができました。申命記十二・十五、十六、レビ記十七・十一を見ますれば、何故血を食べなかったかを知ります。これは一番大切です。これによってイエスの血がいかに貴きかを知ることができます。この血は万民を贖うほどの力があります。
 二十円の金貨と一銭銅貨とは同じ形と同じ大きさであります。けれども一枚の金貨をもって一銭銅貨を二千枚買うことができます。かように主イエスも私共人間と同じ形です。けれども主ご自身一人にて私共を悉く贖う価値があります。

【十一、十二節】
 血は貴きものですから常にみな神に帰せねばなりません。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |