第十二章  生来の罪



 この十二章を見ますならば、十一章に示されたる罪とは異なる罪の譬えです。また罪に属ける譬えです。この十二章は生来の罪を教えます。婦が子を産みますならば汚れを得ます。これは何故ですかならばその子は汚れたる罪人であるからです。人間は生来から神の前に罪人であります。また地獄の世嗣です。そうですからそんな汚れたる者は汚れを得ます。ローマ五・十九をご覧なさい。一人の反逆のために人間は悉く罪人とせられました。私共はみな罪人として生まれました。詩篇五十一・五をご覧なさい。それを深く感ぜねばなりません。罪を知るためにそれはよほど大切です。どうぞ三節をご覧なさい。そうですからその時にこの子は神と契約を結ぶことを得ます。七日間は神との契約の外です。けれども第八日は神の契約の中ですからこの母も漸次聖潔を得ます。五節をご覧なさい。かくのごとく女の子は神の契約の中に入りませんから、その女の子のために母はなおなお永い間汚れの中にあります。四節をご覧なさい。『聖なる物に触れてはならない。また聖なる所にはいってはならない。』母も子も汚れを得ます。神の前に人間という者は汚れたる者であるということを示します。コリント前書十五・二十一、二十二をご覧なさい。私共はみなかように生来より汚れたる者です。生来からの罪人です。生来より地獄の世嗣です。八節をご覧なさい。それによって主の母マリアの貧しかったことが分かります(ルカ二・二十四)。主はそんな貧しき母を択んでご自分を卑くなしたまいました(コリント後書八・九)。レビ十二・八によって主の貧しきことが分かります。主は私共のために貧しき者となりたまいました。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |