第 三 章  酬 恩 祭



 この酬恩祭によって格別に贖いの結果を学びます。燔祭によっては格別に贖いの順序を見ました。この三章を見ますれば贖いによって神の前に喜びを得ます。また神と共に喜びの饗応に与ります。宗教について人間の考えを尋ねますならば、罪人が神に近づきます時はその罪の重荷を負い、罪の深きを感じて苦しまねばならぬと申します。けれども神の考えを聞きますれば、また聖書に記してある救いの道を見ますれば、罪の贖いによりまして私共は神の前に喜びを得ます。感謝と歓喜とをもって神と共に饗応に与ることができます。この救いと喜びと平和は、実に人間の思い及ばぬほどであります。またこれによりてただ神の恵みのみではありません、神の愛をも見ます。神は恩寵のために罪の罰を取り除きたまいます。また愛のために、帰りました罪人を喜ばせたまいます。
 燔祭によりまして私共は悉く神のものとなります。みな焼き尽くされてしまいました。すなわち神は全くこれを受け納れたまいます。素祭の有様を見ますれば、幾分は神に帰しました。また幾分は祭司に帰しました。酬恩祭を見ますれば、幾分は神に、幾分は祭司に、また幾分はこれを献げた人に帰しました。そうですからこの犠牲は格別に贖いによりまして親しき交際をすることを表します。これを献げます者は神と交わり、また人と交わることができます。私共は主イエスの贖いを悟りますれば悟りますほど、神に近づきまた人に近づくことができます。主の全き贖いを悟るに従い、神と人とに美わしき饗応に与る経験を与えられます。
 この三章において酬恩祭を神に献げる話を見ます。レビ記七・三十一〜三十七に祭司の分を見ます。レビ記七・十一から献げる人の分の話があります。それを献げる者は幾分か与えられることによって何を学びますか。すなわちその贖いによりまして献げる人が満足を得ることを学びます。
 燔祭の時にそれを献げます者は少しも頂戴いたしません。神はみなこれを取りたまいます。それによって神は満足したもうことを見ます。それを献げます者が満足を得ましたか、或いは得ませんかは知ることができません。酬恩祭の話で献げる者も満足を得ます。すなわち神と共に主イエスの贖いによって満足を得ます。神はその贖いのために満足を得たまいました。人間もそれによりて満足を得ます。真の信仰は主の贖いによりまして神と交際を得ることです。ヨハネ第一書一・三にその交わりを見ることができます。

【一節】
 『牛をささげる』。創世記十八・七をご覧なさい。アブラハムは神のために饗応を設けました時に子牛を取りました。これは真の酬恩祭であります。酬恩祭の意味は明らかにこの創世記十八章で分かると思います。これは神を迎える犠牲です。神と交わる方法です。神に満足を献げることです。私共は主の贖いによりまして神に真の酬恩祭を献げることができます(ヨハネ十四・二十三、黙示録三・二十)。この牛の酬恩祭によりまして、真の喜びができました。ルカ十五・二十三を見ますれば酬恩祭の意味を見ることができます。このところでは父は子のために牛を屠りて楽しみました。その方から十字架を見ますれば、神は主の贖いによりて私共を喜ばせたまいます。また私共に親しき交わりを与えたまいます。

【二節】
 『入口で、これをほふらなければならない。』イスラエル人はその入口でこの酬恩祭を献げました。そうして神の殿に入ることができました。私共も神と交わることを願いますならば、ただ主イエスの贖いにより、信仰によりて神に近づくことになります。
 また何処にそれを献げましたか。五節を見ますれば、燔祭の上に献げました。燔祭がありませんならば酬恩祭を献げることはできません。すなわち身も霊も献げませんならば、神との真の交わりをすることはできません。また神の前に喜ぶことができません。そうですから一方より見ますれば、主の流したまいし血によりて神と交わることができます。また一方より見ますれば、ただ献身がありますから神と交わることができます。

【三、四節】
 神にすべての脂を献げました。これは最も貴き部分です。また最も富める部分です。私共は神に身と霊を献げますならば、心の最も深い情を神に献げねばなりません。心の力に循いて神に愛を献げ、また神の前に喜ぶはずです。詩篇七・九を見ますれば、神は心と思いとを探りたまいます。そうですからただ表面の感情を献げるだけでは益はありません。私共の力の限り最も深い感情を献げねばなりません。その通り身も霊も献げますならば、神もご自分の心の最も貴きものを与えたまいます。詩篇六十三・五に『わたしの魂は髄とあぶらとをもってもてなされるように飽き足り』とあります。誰がこの経験を得ることができますか。神に心の底まで献げた者です。イザヤ書五十五・二を見ますれば、神は私共がこのように飽くまでに充たされることを希いたまいます。神はこのようにご自分の者と共に祝いたまいます。神も人間もそれによって飽くほどに満足を得ます。その通りに神は人に対して、人は神に対して、十分に満足することができます。
 これは神のパンです(マラキ書一・七、十二:文語訳参照)。また神の食物です(エゼキエル書四十四・七)。すなわち神はキリストの献げ物によって楽しみと満足を得たまいます。その犠牲によって主イエスは義を満足させたまいました。けれどもただそれのみではありません。神の聖旨をも満足させたまいました。神はただそれで宥められたもうのみならず、それを喜びたまいます。
 神の祭司も犠牲を献げる人もこれを食しました。私共は時に油注がれた祭司のように、祭司の特権に従いてこのような交わりを頂戴します。また時によっては犠牲を献げる人のように、功績なき者なれどもただ主イエス・キリストの贖いのために神と交わることができます。祭司の特権を感じません時にても、常に主イエスの犠牲に依り頼みて神と交わることができます。
 そうですから神と交わることは如何なることですかならば、ただ神の前に出て、キリストご自身をもって充たされることです。
 この酬恩祭は格別に交際を指す犠牲です。イスラエル人は羊の肉を食するために神の前に参りました。私共はその通りに、神と共にキリストについて満足を得ることは真の交際です。言葉を換えて申しますれば、神の前にキリストの聖旨、キリストの栄光、キリストの救いについて深く考えますならば、神もまたこれを考えたもうて、それによりて喜びを得たまいます。考えることは真の交際です。これは救いを求めることではありません。また或いは、救われたかどうであるかと尋ねることでもありません。確信をもって神と共にキリストの全き贖いを喜ぶことです。私共はたびたびサタンに誘われまして、今までの経験をもって満足します。また伝道によって満足を得ます。けれどもこれは汚れたるものを食らうのと同じことです。真の満足は、神の前にキリストを喜び、キリストを受け納れることです。どうぞこの酬恩祭によって神と共に喜び、神と親しき交際をなす道を学びとうございます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |