第二十四章  神の名を瀆す者の罰



【一〜八節】
この中に大切なることは『絶えず』という言葉です。四度この言葉が見えます(二、三、四、八)。そうですから不断主の前に光がありました。不断主の前に充分なる食事もありました。この光はイスラエル人の助けによって具わった光であります。これは神より出た栄光の光ではありません。言葉を換えて言いますならばこれは教会の光であります。教会は不断神の前にそんな光があります。また不断神の前に充分なる養いがあります。イスラエル人はこの燈火のために橄欖の油を備えました。このパンを供える祭司長は不断神の前にそのような光とパンを整えました。他にいかに暗きがありましても祭司長は神の前に幾分か光を備えました。他にいかに飢饉がありましても神の前に充分なる食事がありました。私共の祭司長は主イエスです。主が奉仕をなしたもうて教会の暗き時にも教会の冷淡なる時にも不断幾分か神の前に光を燃やしていたまいます。必ず光が全く消えることはありません。また不断神の前に充分なる食事がありました。教会の内にいかに冷淡なる有様がありましても、人々は一個人として神に近づきますならば充分なる食事を頂戴することができます。イスラエル人の一人がその時に聖き所に入ることを許されましたならば、そのところに神の前に自分の支派のためにパンを見ることができました。私共は神に近づきますならばそのところに自分のために備わっているパンを見ることができます。それを頂戴することができます。そのように神は不断慰安と満足をもってイスラエル人を見たもうことができました。何故ならば不断自分のためにこのように光とパンが備えられたる故であります。他の点からこれを見ますならば、神の殿は私共の心であります。聖霊は不断神の殿の中にこのように聖なる光をも聖なる霊の糧をも備えたまいます。私共は不断それを頂戴する筈です。私共はほんとうに神の殿でありますならば不断光と糧があることをお信じなさい。

【十〜十四節】
 神の特権を受け入れたる者でも神の聖名を瀆すことができます。神に恵まれたる者もそんな罪を犯すことができます。これは神の聖名を瀆すことです。この話を見ますれば、実にそんな罪は詛うべき罪であることが分かります。そうですから自分も恐れて神の聖名を聖めて自己を慎まねばなりません。ローマ二・二十四をご覧なさい。これは同じ罪です。ユダヤ人はそんな罪を犯しました。ユダヤ人は表面では大切に主の名を言いました。けれどもほんとうに主の名を瀆しました。イスラエル人は喜んでこの人を殺しました。またこの人は詛うべき者であると思いました。けれども自分もやはりそんな罪を犯しておりました。エゼキエル三十六・二十、二十一をご覧なさい。私共は神に救われたる者です。神に救われたる者は罪を犯しますならば、また神の恩を顕しませんならば、このように重い罪を犯して神の聖名を瀆します。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |