第二十六章  祝福と呪詛



【三〜十二節】
 これは創世記二章の有様です。パラダイスの有様であります。神は今からその民にパラダイスの幸福を与えたまいとうございます。もう一度人間にそれを経験せしめたまいとうございます。人間は罪のためにそれを失いました。そうですから神は愛するアブラハムを択びてその民にパラダイスの幸福を与えたまいとうございます。けれどもこの人々は今一度それを失いました。これは神の第二の大いなる失望でありました。神はそののち主イエスを遣わしたもうていま人間の心の中にパラダイスを造りたまいとうございます。けれどもたいがいそれを断ります。教会さえもこれを断ってそれを経験することができません。そうですから神は終わりに栄光をもって主を顕したもう時に今一度人間のためにこの地の上に全きパラダイスの有様を造りたまいとうございます。
 二十五章においてヨベルの年の話を読みました。二十六章においてパラダイスの話を読むことは順序です。ヨベルの年はパラダイスの有様であります。いま二十六章において神はイスラエル人がその有様を続けるように約束したまいました。ただイスラエル人はその法に歩みその誡めを守りますならばこの幸いを得ます。たとえばイスラエルの中に奴隷たる者は、ヨベルのラッパの音を聞いてそれを信ずることによってその幸福を続けることができました。いま同じように私共は信仰によってパラダイスの幸いを頂戴しました。またヨハネ伝十五章においてたびたび読みますように、主の誡めを守ることによって私共は主におり、主はまた私共におりたまいます。それによって主の誡めを守ることの大切なることが解ります。主は後からイスラエル人の有様を見て歎きたまいました。詩篇八十一・十〜十三をご覧なさい。これは神の歎声です。イスラエル人はこのように神よりの幸いを断って自分の邪なる心に従って歩みました。そうですから神の幸いを失って自分の罪の果を味わわねばなりません。今でも同じことを見ます。神は人間にパラダイスの幸いを与えたまいとうございます。けれどもキリスト信者も自分の心に従って歩みますから神の幸いを失います。どうぞ恐れと慎みをもって神の誡めを守り神に従って歩みなさい。
 この二十六章の始めに格別に神の恵みを見ます。神が自分に従う者に与えたもうところの恵みを見ます。その恵みは何ですかならば四節以下に録されてあります。
 第一 潤いと実を結ぶこと(四)
 第二 満足と安全(五)
 第三 平安(六)
 第四 勝利(七)
 第五 神の在したもうこと(十一)
 どうぞ各自深くこの大いなる恵みを味わいなさることを願います。神はヨベルのラッパを聞いてご自分の旨に従って歩む者にかく美わしき恵み、かく新しきパラダイスを約束したまいます。

【十三節】
 以下をご覧なさい。私共が神を取り扱いますように神は私共を取り扱いたまいます。私共が柔和なる心をもって神に従いますならば神は私共の祈りに応えて溢れるほどの恵みを与えたまいます。けれども頑固なる心をもって神に対しますならば神も私共にそれだけの報酬を与えたまいます。
 三節と十二節を対照なさい。『もしあなたがたがわたしの定めに歩み、わたしの戒めを守って、これを行うならば、』『わたしはあなたがたのうちに歩み、あなたがたの神となり、あなたがたはわたしの民となるであろう』とあります。私共は神の法令に歩みますならば神は私共と交わりて私共の中に歩みたまいます。
 十五節と三十節を対照なさい。『心にわたしのおきてを忌みきらって』『わたしは心にあなたがたを忌みきらうであろう。』これは実に恐るべきことです。
 二十一節と二十四節を対照なさい。『あなたがたがわたしに逆らって歩み』『わたしもまたあなたがたに逆らって歩み』。二十八節にも同じ言葉があります。
 そうですから或る人は自己を欺いて神の恵みに馴れて罪を犯しますからそのために恵みを失います。この章の始めに神に服従する者の幸いを見ます。けれども十四節以下、神に反対する者の禍を見ます。ここに神の五重の威嚇が記されてあります。初めに神に背きますならば神は懲らしめたまいます。この懲戒に従いませんならば一層重い懲戒を与えたまいます。なおまたそれに従いませんならばなお一層重い懲戒を与えたまいます。このように懲戒が層一層重くなることを指します。
 十四節に『もしわたしに聞き従わず』とあります。十八節に『なお‥‥‥わたしに聞き従わないならば』、二十一節『もしあなたがたがわたしに逆らって歩み、わたしに聞き従わないならば』、二十三節『なお改めず、わたしに逆らって歩むならば』、二十七節『それでもなお、あなたがたがわたしに聞き従わず』とあります。神は人間を悔い改めに導きたまいとうございます。人間は罪を重ねて神に聞き従いません。ここで神の大いなる忍耐を見ます。罪人が悔い改めませんならばなおなお熱心に懲らしめたまいます。いかにしても人間を悔い改めに導きたまいとうございます。十四節の聞き従わざるために病気が起こります。十八節の聞き従わざるために欠乏が生じます。造られしものが詛われます。二十一節のために猛き獣が起こります。二十三節のために飢饉が起こります。二十七節の罪のために滅亡と荒廃が起こります。
 憐れみに富みたもう神がこのような威嚇を言いたまいます。私共は心を静かにしてこの言葉を読む筈です。心の中に恐れを抱いて神を畏れることを学ばねばなりません。これはただ誡命ではありません。予言であります。神は何故愛する民にこのようなことを戒めたまいましたかならば、未来のことが分かりたもうからです。神はイスラエル人がこのように頑固に神に従わずして自分の邪なる道を歩むことを識りたまいました。そうですからイスラエル人を戒めんがために、また一個人を救わんがためにこのような強いことを録したまいました。
 新約にも同じような威嚇を見ます。それは私共を戒めるためです。また私共を救うために録されてあります。そうですから恐れをもってこれに聞き従わねばなりません。
 本章はイスラエルの歴史の予言です。今でも神はちょうどこの章に従ってイスラエル人を審きたもうたことを見ることができます。また歴史の上に読むことができます。イスラエル人の歴史とこの二十六章とを比べますならばこれは必ず神の言葉であることが解ります。
 この五重の威嚇についてイザヤ五・二十五の終わりに『それにもかかわらず、み怒りはやまず、なお、み手を伸ばされる』とあります。同じく九・十二、十七、二十一、十・四の終わりをご覧なさい。同じ言葉があります。そうですからここで神の怒りの五つの階段を見ます。イスラエル人は五重の威嚇を聞きませなんだから神はこの五つの怒りを発したまわねばなりません。アモスにも同じく神の五つの歎きを見ます。四・六をご覧なさい。『それでも、あなたがたはわたしに帰らなかった』と主は言われる。七、八節をご覧なさい。他の審判があります。けれども八節の終わりに同じ言葉があります。九節に神の第三の審判を見ます。けれども神の同じ歎きの言葉があります。十節に第四の審判を見ます。けれども同じ神の言葉があります。十一節に第五の最も恐ろしき審判があります。けれども同じ父の愛の歎きがあります。
 この三箇所は同じことです。レビ記二十六章、イザヤ書九、十両章、アモス書四章はみな同一です。神の五つの威嚇と五つの審判と五つの歎きを見ます。
 レビ記二十六・四十以下に実に恵みの言葉があります。神は彼らを受け入れ彼らを救いたまいます。私共はかかることを読む時に神の深き恵みを解らねばなりません。神はそのように長い間イスラエル人を耐え忍びたまいました。イスラエル人は漸次重い罪に陥りましても、悔い改めますならば神はさっそく彼らを受け入れたまいます。いかに神に敵したことがありましても喜んで彼らを受け入れたまいます。本章は放蕩息子の譬話の説明であります。これは旧約聖書における放蕩息子の譬話であります。神は父です。いかに重い罪を犯したる罪人でありましても悔い改めますならばさっそくそれを受け入れたまいます。これは人間の思念と違います。けれども神の思念は人間の思念よりも高くありますから神はそのように罪人を受け入れたまいます。
 第一 懺悔すること(四十節)。
 第二 その経験したる禍は、みな神の聖手より出たるものにしてみな罪の刑罰なること、すなわちその禍は偶然でなくして悉く神の刑罰なることを悟ること(四十一節)。
 第三 心を遜らすこと。全く自分の旨を捨て、自分の義を棄てて柔和をもって神に近づくこと(四十一節)。
 第四 受くべきところの刑罰を甘んじて受けること。これは当然のことである、神は義しき審判主であると悟って、その刑罰を甘んじて受けること。
 ほんとうの悔い改めはいつでもこの四つの要点があります。聖書の中でこのところに録してあるほど明白に悔い改めのことを解き分かちて録してあるところは他にはありません。
 この言葉を悟りそれを受け入れますならば必ず砕けたる心をもって神に感謝し神に帰ります。
 そういう悔い改めがありますならば四十五節のごとく神はその契約を覚えたまいます。そうですから必ず今一度彼らを受け入れ、その契約に従って恵みを与えたまいます。四十五節の終わりに『わたしは主である』とあります。これは大いなる意味があります。出エジプト記三十四・五〜七のようにその名の意味がここに含んであります。その時に神は今一度その名を宣べ伝えたまいました。その名によってご自分の心を宣べたまいました。ここに今一度『わたしは主である』と宣べ伝えたまいます。この七節の言葉の意味が分かりますならばこの二十六・四十五の言葉が分かります。実にこのところに神は憐れみ深き神にして罪人の罪を赦したもう神であることが分かります。ここに出エジプト記三十四章のように明らかなる神の恵みの黙示があります。
 二十六・四十六はレビ記全体を指す言葉です。神はモーセにこのような誡命と法律を与えたまいました。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |