第二十五章  ヨベルの年



 今まで七日目に安息の日がありました。また七日を祝ってそれを安息の日として守らねばならぬことを見ました。本章において安息の年、またヨベルの年、すなわち五十年目の年を祝うべきことについて教えられます。
 神はいつでもユダヤ人の眼の前に安息を示したまいます。いったん失われたる安息を紀念せしめたまいます。また来るべき栄光の安息を望ましめたまいます。神は安息を与えて心の中に安息を慕わしめたまいとうございます。毎週一日の安息があります。けれどもそれを経験しました時に七月の一ヶ月を俟ち望ましめたまいます。またそれを経験しました時にヨベルの安息を俟ち望ましめたまいます。神は安息を経験したるユダヤ人になおなお安息を望ましめたまいます。いま神は私共に安息を与えたまいます。けれども私共が経験するところの安息の中に種々なる階段があります。たとえば或る人は罪のために恐れと失望をもって自己を汚しました。けれども福音の教えによって幾分か安息を得ました。それからほんとうにキリストを受け入れますならばなおなお深き安息を経験することができます。それから全き聖潔と聖霊に充たされますならばなおなお深き安息を経験いたします。かように神は不断私共を安息に導きたまいとうございます。救いの特質は安息です。世に属けるものによってほんとうの安息を得ることはできません。神は私共にこの天に属ける賜物を与えたまいとうございます。またいつでもそれを与えたもうことによって私共になおなお全き安息を望ましめたまいます。

【一〜七節】
 これは安息の命令です。ユダヤ人はこれを成就したる時に実に教えられたることが多くありました。神を信ずることを学びました。一年間毫も種を播きません。働きませずして神の手よりなくてならぬものを頂戴しました。実にそれによって信仰を学びました。また神は活ける神であることを学びました。またそれのみではありません。その年には何人も、これはわが地なり、わが畑なりと言うことはできません。何人も何処ででも実を取ることを許されます。そうですから何人も同じようです。他の年に広き地面を有つ者は富者と見えます。けれどもこの年においては悉く平等です。みな神の子でありまして神の手より養われます。それによって失われたるパラダイスの有様を顕します。実に幸いなる有様でありました。
 神は六年の間働くことを願いたまいます。一年の間安息することを願いたまいます。働きにおいても安息においても共に神を信ずる信仰を願いたまいます。けれども人間は自分の働きのあります時に神を信じませんかも知れません。けれども格別に安息の年に信仰を学びます。かように安息の年に教えられましたから、この残りの六年の間に信仰をもって働きました。

【二十〜二十四節】
 『「何を食べようか」とあなたがたは言うのか。』これは不信仰の問いです。そんなことについて思い煩いますならば不信仰です。神は父であります。地面の持ち主であります。そうですから必ず豊かに恵みを与えたまいます。安息の一年の間にそれを教えられました。そうですからイスラエル人は六年間において、そのようなことを覚えて不断思い煩わずして信仰をもって神より恵みを戴きましたろう。必ず神はこの六年間に恵みを与えたまいます。この産物は神の恵みです。またイスラエル人は一年の安息によって格別にそれを学びました。そうですから格別に不断信仰をもって生涯を暮らすことを教えられました。私共はそのように信仰をもって生涯を暮らさなければなりません。或る人は働いて自分の働きの結果としてなくてならぬものを得ます。或る人は単純なる信仰をもって神の手より得ることを俟ち望んでおります。けれども二つながらただ恵みによって養われます。そうですからいずれに致してもただ信仰をもって、神の恵みなることを思って感謝せねばなりません。
 この二十三節に『地はわたしのものだからである。』神は格別にイスラエル人にそれを教えたまいとうございます。あなたはその所有主ではありません。私は所有主です。あなたはただそれを耕す者ですと教えたまいとうございます。神は地主で、私共は小作人です。神は私共にもそのようなことを教えたまいとうございます。そうですから万の物を持っている者、財宝を持っている者は、そういう物が自分の属であると思うことは大いなる間違いです。神はその人にそれを貸したまいました。その人はそれを借り受けたる者です。それを考えて神のために、また人間のためにそれを用いねばなりません。
 他の人の所有物を見ますならば、それはその人の所有物であると思わねばなりません。けれども自分の所有物を考えてみます時に、これは自分の属ではなく神のものであると思う筈です。神は神の栄光のために用いるようにそれを委ねたまいました。この世に憐憫と慈愛とを顕すためにこれほどの所有物を貸したまいしことを思わねばなりません。
 この安息の年にイスラエル人は神の前に客のようなものでした。神の手より恵みを得て養われました。みな神の客でありました。そうですから神はその責任を負いたまいました。
 六年の間お働きなさい。一年の間安息をなさい。二つとも神の命令であります。私共は時によって働かねばなりません。時によって休んで神の恵みを得なければなりません。霊の恵みを得とうございますならば同じことであります。時によって働いて、すなわち力を尽くし、祈りの力を尽くし、悪を追い出す。力を尽くして神の聖旨を成就せねばなりません。また時によってただ休んで、ただ信じて神の前に恵みを俟ち望まねばなりません。この二つの有様を覚えねばなりません。
 二十一節を見ますならば安息の年の豊かなる恵みがありました。たぶん不信仰の者はそんな年に格別に植えようと思いました。けれども恵みは格別に溢れました。人間の種を蒔くことよりは神の祝福は勝れることです。自分の働きを休みますならばただ神の働きを俟ち望みますからそれによって豊かなる恵みを頂戴します(ヘブル四・九、十)。
 私共がただいま学びましたことは実に大切であります。どうぞ聖書の研究と思わずして、その研究したことを成就せねばなりません。私共はかように不断神の前に喜びの祭を祝い、また不断神の前に休んで信仰を伸ばして神の恵みを俟ち望むものです。どうぞ深く祈りをもって教えを受け入れなさい。

【八〜十一節】
 ヨベルの祭、そうですからその年に神は何人にも自由を与えたまいました。今までイスラエル人は奴隷の有様でありましたならば、そのラッパを吹く時から自由を得ました。三十九〜四十二をご覧なさい。そうですからラッパの年に自由を得ました。奴隷たる有様に陥りましたならば、その時に今一度全き自由を得ました。また自由のために交わりを得ます。奴隷の有様でしたならば愛する妻子と交わることができません。家におることはできません。けれども自由を得たるために今一度交わりができます。美しき家庭ができます。
 また四十一節の終わりに『先祖の所有の地にもどるであろう』とあります。二十九節より見ますならば、貧乏人となりましたから産業を売りました。けれどもヨベルの年に先祖らの産業に帰ることができます。いったんそれを失いました。けれども今再びそれを得ることができます。そうですから豊かなる暮らしを得て、豊かなる喜びを得て神の前に休むことを得ます。
 それは実に幸いなる譬話であります。福音は霊のヨベルの年であります。福音を聞くこととヨベルのラッパの音を聞くことは同じことです。その音を聞くと同時に全き奴隷の有様を棄てて自由を得る筈です。貧乏の有様を棄てて豊かなる恵みを得る筈です。労して働く有様を棄てて休む筈です。その時にイスラエル中の人々はそのラッパを聞きました。はじめてエルサレムの殿においてラッパを吹きました。それを聞きたる四周の人は同じくラッパを吹きました。またその音を聞きたる者は同じくラッパを吹きました。そうですから普く国中に響きました。国中の人々はさっそく自由と貴き産業を頂くことができました。待たねばならぬわけはありません。そのラッパの音を聞きました時に、信仰をもって奴隷と貧乏の有様を棄てて以前の有様となりました。人間は罪のために奴隷となりました。また罪のために神の美しき恵みを失いました。いま福音のためにさっそく自由を得ます。また豊かなる産業を得ます。放蕩息子が家に帰りました時に今一度豊かなる産業を得ました。また家に帰りたるイスラエル人のようにその家族と交わることができました。
 詩篇八十九・十五をご覧なさい。この『喜びの声』はヨベルのラッパであります。それを知る者は幸いです。或る人はそれを聞きましてもその意味が分かりません。格別にそれによって恵みを得ません。けれどもそれを知る者は幸いです。そういう人は神の聖顔の光の中に歩むことができます。これは不断神の光の中に歩むことの秘密です。私共はヨベルの年の意味が分かりますならば不断神の聖顔の光の中に歩みます。
 エルサレムの殿においてはじめてラッパを吹きましたように、主イエスははじめてヨベルのラッパの福音を吹きたまいました(ルカ四・十八、十九)。主はこの譬話の意味をもって福音を宣べ伝えたまいました。主のめぐみの年は何ですかならばヨベルの年です。ヨベルの年の霊の意味であります。またこの年にこのように貧しき者も、心の痛める者も、囚人も、盲者も、みな真の自由を得ました。今もそのような福音のヨベルの年であります。コリント後書六・一、二をご覧なさい。今は恵みの時です、今はヨベルの年です。今は奴隷たる者も神の恵みのために自由を得ることができます。そうですから私共はそのヨベルのラッパを聞きましたならば自分もラッパを吹かねばなりません。
 この弟子は主がヨベルのラッパを吹きたもうたことを聞きましたから、自分も諸方に散じて到るところにラッパを吹きました。貧しき者に福音を伝えました。囚人に自由を宣べました。今は恵みの日なり、今は神の喜ばしき年なりと宣べ伝えました。そうですからマタイ二十四・十四のように、全世界に喜ばしきヨベルが響きました。そのラッパの音によって全世界の罪人は自由を得る筈です。
 十四節をご覧なさい。これは何ですかならば、買いしものをヨベルの年に返さねばならぬことです。ヨベルの年が近づきました時に貴き値段をもって物を買いましたならば自分の大いなる損であります。いま同じことを見ます。主の再臨の時、ほんとうの喜びの年が始まりまする時に、何人も世に属けるものを返さねばなりません。いま或る人は貴き値段をもって世に属けるものを買います。或いは財産、或いは名誉、或いは学問、或いは他の世に属けるものを買い入れます。そうしてそのために神の恵みを失います。或いは自分の安心も失います。これは実に貴き価格をもって世に属けるものを買うことです。実に愚かなることです。必ずほんとうのヨベルの年が始まる時にそういうものを全く返さねばなりません。いつまでも保つところの産業は天に属ける産業です。神が私共に与えたもう産業であります。私共はそれを得ますならば満足する筈です。私共はそのように主と王国のことを大切に思いますならば私共は必ず主の再臨を待ち望みます。
 奴隷たる者は必ずヨベルのラッパの音を待ち望みました。漸次その日が近づくに従って喜びました。私共の全きヨベルの年が近づいて参ります。主の再臨が近づいて参りました。その時に幸いに私共は全き自由を得ます。ほんとうに天に属ける産業を有つことができます。ローマ八・二十一、二十三をご覧なさい。いま私共は兎も角も敗壊の奴です。私共は救われたことを喜びます。けれども敗壊の奴として嘆き悲しんでおります。私共はそのヨベルの年、主の再臨を深く待ち望んでおります。その年には啻に私共のみではありません。造られたるものは悉く自由を得ます。鳥も獣も自由を得ます。木も草も自由を得ます。造られたる万物の詛いが全く取り除かれて、相互に交わることができます。相互に美しき有様のみです。その時にこの天地のすべての受造物は全く自由を得ます。コリント後書五・四をご覧なさい。私共は今そのように嘆いております。ヨベルの年に私共の全き産業に帰ることができます。手にて造られざる産業に帰ることができます。その産業についてペテロ前書一・四をご覧なさい。そのように私共の産業が天にあります。ヨベルのラッパの聞こえる時に私共はさっそくそれを有つことができます。今でもその産業の初めを頂きました。エペソ一・十三、十四をご覧なさい。『約束された聖霊の証印をおされたのである。この聖霊は、わたしたちが神の国をつぐことの保証であって』とあります。いま私共はそれほどの産業を得ました。初めの恵みを戴きました。未来においてその産業を全く有つことができます。そうですから私共は罪のために売りました産業を贖い出していただくまで、『やがて神につける者が全くあがなわれ(until the redemption of the purchased possession:欽定訳)、神の栄光をほめたたえるに至るため』、いま約束の聖霊をもって印せられました。イザヤ五十二・一〜三をご覧なさい。そのように何をも価せぬ罪のために売りましたものをいま価なくして贖われます。そうですから今ヨベルのラッパをお聞きなさい。捕虜の有様を棄てて信仰をもって美わしき恵みの有様をお着なさい。これは一〜三の意味の要点です。そうですからこの来るべき栄えのヨベルの年において私共は全き自由を得、また産業を得ることができます。
 また三番目に交わりができます。いま罪のために、また死ぬることのために全き交わりができません。ちょうど奴隷たる者はヨベルのラッパを聞きました時に自分の家族に帰ることができましたごとくに、主の再臨の時に愛する者と全き交わりに入ることができます。テサロニケ後書二・一をご覧なさい。みもとに集められることとは一家族の集まることです。そんなラッパの音が聞こえる時にまた一家族が集まって美わしき有様の交わりができます。テサロニケ前書四・十七をご覧なさい。『彼らと共に』。それはヨベルの年の美わしき全き交わりを指します。
 また四番目に受造物も安息を得ます。カナンの地はヨベルの年に安息を得ました。種が蒔かれずして安息を得ました。そのように主の再臨の時に受造物は全き安息を得ます。
 これは実に美しき福音の譬話であります。私共は子供に絵図を見せてものを教えるように、神はこの譬話をもって私共に福音とまたその秘密を教えたまいます。どうぞほんとうにそれを味わいなさい。また福音を説くためにこういう譬話は実に適当であります。その味は実に美わしゅうございますから深くこれを味わって説教なさい。
 いま学びましたヨベルの年は私共の経験の上によほど利益があります。いま私共はヨベルのラッパを聞きます。そうですから全く奴隷の有様を棄てて全き自由を得る筈です。或る信者はそれを信じませんから全き自由を得て恵みの産業を経験しません。これは実に残念なることです。どうぞ神の約束のラッパをほんとうに信じて、奴隷の有様を棄てて恵みの産業を得て生涯をお暮らしなさい。これについて二十七節をご覧なさい。『その所有の地に帰ることができる。』これはヨベルの年の有様です。これは私共のいま経験すべき有様です。神は私共にこの産業を与えたまいとうございますから今その産業を得なさい。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |