第十六章  贖 罪



 今より神は明らかに罪のことを教えたまいます。十章において神を拝む時に罪を犯すこと、十一章において受造物の中に罪があること、十二章において人間は生来より汚れたる者なること、十三章と十四章において人間の生来の汚れ、十五章において人間は汚れの泉であることを教えられました。漸う深く罪の恐るべきこと、罪の汚れを教えたまいました。いま十六章において全き贖罪を教えたまいます。罪は神の前にかように恐るべきものであります。けれども罪のために全き贖いがあります。罪人はこのように汚れたる者、汚れの泉であります。けれども聖血の力によって人間は聖なる神に近づくことができます。
 イスラエル人は羔の血によってエジプトの国より救われました。私共は第一にそれを学ばねばなりません。すなわち羔の血の力を学ばねばなりません。
 次にこの十六章において如何にして神との交わりを続けることができるかを教えられます。すなわち聖血のために、続いて神と交わって神の属となることができます。この十六章の血のためにイスラエル人は続いて神の属と言われました。罪がありましても続いて神と交わることができました。信者は更生の時に格別に聖血の力が解りました。聖血のために救いを得ました。けれども生涯の終わりまで続いて聖血の力がなければなりません。如何なる深き経験がありましても聖血によりませんならば続いて神と交わることはできません。神はイスラエル人の真中に宿りたまいました。イスラエル人はたびたび罪を犯しました。たびたび不信仰がありました。けれども聖なる神はその中に宿りたまいました。それは何のためですかならば、流された聖血のためであります。ただその聖血によって聖なる神はイスラエル人の中に宿りたもうことができました。私共はかように聖血の力を経験しなければなりません。
 出エジプト記十二章は聖書中一番大切なる章であるとムーディー氏は申しました。すなわちそれは過越の章であります。けれどもそれと均しく大切なのはレビ記十六章であります。この二つの章は共に血の力を示しますから聖書の中に極めて大切なる章であります。
 イスラエル人は毎年この二つの祭を大切に行いました。すなわち過越の祭と贖いの日の祭であります。毎年エジプトの国より救われたことを紀念しました。また毎年贖いの日において聖血の力によって続いて神と交わることができることを紀念しました。信者は不断心の中に二つの祭を祝わなければなりません。不断心の中に聖血によって救われたことと、聖血のために続いて神におり、また神が信者の中にいたもうことを紀念しなければなりません。
 格別にこの贖いの日に祭司の長は至聖所に入ることを得ました。それによって聖血によって一番親しき交わりができることを示しました。これは通常の交わりではありません。これは顔と顔とを合して神にまみえることであります。それによって私共は今でも聖血の力が分かります。
 私共はこの十六章によって、如何にして神に近づいて神と親しく交わることができるかということを学びます。

【一、二節】
 『贖罪所』。ここは神の宝座であります。イスラエル人の真中に在したもう神の宝座であります。そうですから畏れと敬虔をもって入らなければなりません。詩篇八十・一をご覧なさい。すなわちここはイスラエルの中に在す神の聖なる宝座でありますから敬虔の念をもって近づかなければなりません。この二節によって、その時代の贖いが未だ完き贖いでないことが分かります。全き贖いがありますならば何時でも神に近づくことができます。ヘブル九・七、八をご覧なさい。この贖いは未だ完全ではありません。けれどもヘブル十・十九をご覧なさい。私共はいま憚らずして聖なる神に近づくことができます。何故なれば私共のために全うせられたる贖いがあるからです。けれどもその時にアロンは罪のために神に近づくことを得ませなんだ。創世記三・二十四をご覧なさい。今まで人間は神と共に交わって神の美しき処に住むことができました。けれどもいま罪のために隔障ができて人間は神に近づくことができません。出エジプト記三・五をご覧なさい。これは新約の時代の誡命ではありません。これは旧約の誡命です。いま贖いが全うせられましたから神は私共をご自分に招きたまいます。エステル四・十一をご覧なさい。これは旧約時代の有様の比喩であります。人間は神に近づくことはできません。ただ毎年一度、神は祭司長に恵みの金圭を延ばしめ、その人のみを受け入れたまいます。いま私共は全き贖いのために何時でも神の前に出ずることができます。また不断神と共に生涯を暮らすことができます。私共はかような特権がありますから、それを蔑視せずに不断それを受け入れてそれを経験しなければなりません。

【三、四節】
 かようにアロンはその日に美しき衣を着ませずしてただ白き衣を着ました。出エジプト記二十八章に祭司長の美しき衣の話を読みます。不断かように美しき服装にて神に近づいて御用を務めました。けれども贖いの日にのみ白き衣を着て働きました。かように区別がありました。それは何のためですかならば、自己を卑下するためでした。罪のために、また罪人のために自己を卑くしました。ヘブル二・十七をご覧なさい。かように主は自己を卑下して、私共の肉の貌を取って私共のために贖いをなしたまいました。僕の貌を取って贖いをなしたまいました。ヨハネ十三・四をご覧なさい。主はその衣を脱いで手拭いを取ってご自分を帯したまいました。これは同じ比喩であります。主は私共を洗わんがために美しき栄光の衣を脱いで賤しき人間の体を取りたまいました。そうして私共の祭司長として私共のために贖いをなしたまいました。
 またそれのみではありません。この白き衣によってご自分の潔きを顕したまいました。贖いをなし得るものは潔き者でなければなりません。アロンはその日に白き衣を着たことによって自分の潔きことを顕しました。ヘブル七・二十六をご覧なさい。それはその白き衣の意味であります。キリストはかように神の前に聖なる者であることを顕したまいました。
 祭司長はかように衣を着けて五節六節の献げ物を献げました。

【五、六節】
 その時に神の前にこの動物を献げました。未だこれを屠りませなんだ。ただ神に献げたるのみでした。

【七節】
 この二つの山羊は贖いの日の確実なる犠牲でありました。私共はこの二つの山羊によって格別に教えられとうございます。
 アザゼルとは逃れる山羊の意味です。籤に当たった山羊を神に献げて、籤に逃れた山羊を野に放します。ちょうど十四・五の献げ物と同じことです。かしこにおいて一つの雀は殺され、一つの雀は逃れました。今ここで同じことを見ます。一つの山羊は殺されます。一つの山羊は野に放たれます。私共はキリストのために自由を得て神の刑罰を逃れることができました。
 それからアロンは四たび贖いをいたしました。
 第一 自己のためと家族のため、すなわち他の祭司のために贖いをしました(十一節)。
 第二 民のために贖いをしました(十五節)。
 第三 聖所のために贖いをしました(十六節)。
 第四 主の壇のために贖いをしました(十八節)。
 かように四たび贖いをしました。第一に自分のためにいたしました。何故ならば自分も罪人であります。自分も神の前に汚れたる者ですからまず自己のために贖いをしなければなりません。次に民のために贖いをしました。この贖いの日は格別に民のために贖いをする日ですからこれは一番大切であります。そうですからイスラエル人全体が続いて神と偕に歩むことができます。また次に聖所のために贖いをします。何故ならばイスラエル人は汚れたる者であります。祭司も罪人であります。かようにこの天幕は汚れたる民の中に建てられたるものですから聖所のためにする贖いをしなければなりません。またその次に壇のために贖いをしなければなりません。何故ならば祭司も汚れたる者ですからその奉仕のために壇も汚れを得ます。そうですからその壇のために贖いがなければなりません。かように神の前によろずのものが贖われて再び潔きものとなることができます。それによって聖血の力が解ります。私共のために流されたる血はそのようにすべての物のために全き贖いをなします。私共はその贖いのために憚らずして神に近づくことを得ます。コロサイ一・二十〜二十二をご覧なさい。かように十字架の血のためによろずの物は贖われました。またそのために私共も神に近づくことを得ます。神と和らぐことができます。祭司長は四たび贖いをしなければなりません。主は十字架上ただ一度にて全き贖いをなし終わりたまいました。私共はその全き贖いのためにいま神に近づいて神と交わることができます。
 私共はいま主が私共のためにその栄光を捨てて人間の貌を取りたもうたことを見ました。主はその栄光の衣を脱ぎ、白き衣を着て私共とまたよろずの物のために全き贖いをなしたまいました。人間は汚れましたから万物も汚れを得ました。造られたるよろずの物は神の前に汚れの伝染を得ました。けれども主はいま聖血のために全き贖いをなし終わりたまいました。それゆえに私共はいま憚らずして神に近づくことができます。どうぞ聖霊によってこの深き意味を教えられとうございます。

【十二節】
 十一節において祭司長はもはや罪祭を献げました。これは当然のことです。毎日天幕においてそういう犠牲が献げられました。けれども十二節を見ますならばそのためにこんな結果を見ます。ほんとうに罪祭を献げます。また罪祭によって贖いをなしましたから十二節において祭司長が神の前にいることを得ます。その門は平生閉じられていました。祭司長でも神の前にいることはできません。けれどもその時に罪祭が正しく献げられたために神の前に出て神と親しく交わることができます。

【十三節】
 そうですから祭司長がかしこに入ることは実に危険なことでした。死ぬか生きるかという危険な場合でした。けれどもこの馨しき香と注がれたる聖血のために、『死を免れる』と言いたまいます。ヘブル書を見ますればこの節の説明があります。ヘブル書のだいたいの意味はこの十三節の説明であります。ヘブル九・十一、十二をご覧なさい。それゆえに主が神の前に入りたもうたことは何を示しますかならば、私共のために永遠の贖いをなし終わりたまえることを指します。そうですから私共は主の昇天を喜ばねばなりません。これは私共の救いに親しき関係があります。主が神の前に入りたもうことのできましたのは、私共に救いが成し遂げられたることの表面の徴です。主は神の子でありますから自分一人としてはいつでも入ることができました。けれどもその時には人間の祭司長として入りたまいました。すなわち汚れたる者の代理として入りたまいました。これはもはや贖いの成就せられたることを示します。もし贖いが成就せられてありませんならば必ず入ることはできません。聖なる神は汚れたる者の身代わりを受け入れたもうことはできません。贖いが成就せられてありませんならば主は昇天なしたもうことはできません。世に属ける話を藉りますならば、王はいつでも自分の子を王子として受け入れることができます。けれどもその子が謀反人の味方となり、その謀反人を代表して面会を求めますならば、それを受け入れることはできませんでしょう。ただその謀反人の全き贖いがありますならば初めてその代表者を受け入れることができます。ちょうどそのように、主が天の至聖所に入りたもうことができましたことによって、私共のために全き贖いの成就せられたことを知ります。またそれによって自分の安心立命を得ることができることを悟ります。この十三節はただ歴史のみではありません。或いは神の律法でもありません。これは実に預言であります。主の昇天の預言であります。どうぞその意味をもってこれをお読みなさい。またそれによって円満なる慰めを得なさい。
 今一度ヘブル九・十二をご覧なさい。『永遠のあがないを全うされたのである。』同二十四をご覧なさい。『わたしたちのために神のみまえに出て下さったのである。』私共の祭司長は私共の身代わりとなりたまいました。また幸いにこれはただ自分のためのみではありません。イスラエルの祭司長が入りました時にイスラエルの身代わりとなりました。けれどもただ自分一人で入ることを得ました。キリストはご自分が入りたもうことによって私共をも入らせたまいます。この二十四節の終わりにわたしたちのためにの言葉があります。またヘブル十・十九をご覧なさい。私共も至聖所に入ることができます。私共の祭司長は全き贖いをなしたまいましたから私共も共に入ることができます。
 またヘブル九・二十五、二十六をご覧なさい。そうですから主の贖いの限りなき功績を見ます。イスラエルの祭司長は毎年そのように犠牲を献げなければなりませなんだ。十字架の功績は永遠限りなき能力であります。私共は今ほとんど二千年の後、その流されたる聖血のために至聖所に入ることを得ます。
 祭司長は二つの品を持って入りました。すなわちであります。焚ける香の煙のために雲ができました。雲はいつでも神の宿りたもうことを指します。たとえば詩篇十八・八をご覧なさい。雲は神の在したもうことを示します。また雲は神の性質を表す徴であります。祭司長はそのように香を焚いて神の前に出ました。主は神の性質に合う功績をもって、また栄光をもって神の前に出でたまいました。またこの香は馨しき香りもあります。すなわち神を喜ばすところの香りが出ました。主は神の前に出でたまいました時、神は主ご自身を喜びたもうことができました。創世記八・二十一をご覧なさい。かしこに献げたる献げ物のために神は馨しき香りを嗅ぎたまいました。またそのためにすべての詛いを消したもうことができました。主は神の前にご自分から馨しき香りとなりたまいました。神を喜ばす者、神を慰める者として神の前に出でたまいました。それゆえに神は人間に対してすべての詛いを消したまいました。

【十四節】
 そうですから祭司長は血をもって神の前に出ました。そうしてその血は贖罪所の上とその前の地の上に注がれました。そうですから祭司長の立つ所に注がれたる血もあります。私共はそのように流されたる血の上に立って神の前に立つことを得ます。また流されたる血のために神と語り合うことができます。出エジプト記二十五・二十一、二十二をご覧なさい。何故神はそのところにおいて人間と語りたまいますかならば、血が注がれてあるからです。何故私共は神と交わることができますか。何故いま聖書によって、或いは他のことによって、神の聖声を聞くことができますか。それは天の処に主の血が注がれてあるからです。そのために神は私共に近づいて私共と語り合いたまいます。
 この血はいと聖なる所に注がれました。贖罪所に注がれてあります。そうですから神はその血を受け入れたることを示したまいます。神はこの贖いのために満足を得たまいます。主の十字架を見て満足を得たまいます。このように神が満足したもうならば、まして私共は聖血をもって満足し得られぬことがありましょうか。必ず満足し得る筈であります。

【十五、十六節】
 これは二番目の贖いです。イスラエルの民等のためにも同じ贖いが献げられました。その意味は何ですかならば、その民も祭司長と同じ恵みを受ける筈です。神は祭司長と同じくイスラエルの民を受け入れたもうことを示します。神はもはや主を受け入れたまいましたから、同じ喜びと愛をもって私共を受け入れたまいます。全き贖いのために私共の代理人を受け入れたまいましたから、私共を受け入れたもうたことと同じことです。私共はそれによって交わり、神の祝福を頂戴することができます。
 祭司長を助ける者は一人もありません。祭司長は自分一人にてこの犠牲を屠り、これを全く献げなければなりません。これは大いなる働きであります。これは何を指しますかならば、主はご自分一人にて私共のために贖いを成し遂げたまいました。主を助ける者は一人もありませなんだ。私共は誤った思想をもってたびたび幾分か自分の功績のために、或いは自分の働きのために神に近づくことができると思います。これは主の全き働きを助けるという誤りたる思想です。主は一人にて全き贖いを成し遂げたまいました。イザヤ五十九・十六をご覧なさい。これはちょうど同じことです。祭司長は自分一人にて私共のために働きを成し遂げたまいました。イザヤ六十三・三、五をご覧なさい。人間の眼をもって見ますれば、主は種々なる友達がありました。けれどもその働きのためにことを共にする者は一人もありません。ただ一人にて進みたまわねばなりませんでした。十字架のためにエルサレムに上りたもうた時に、主は弟子より進み行きて一人も交わる者はありませなんだ。ゲツセマネの園にてただ一人重荷を負いたまいました。ピラトの庭にも一人でした。カルバリ山にも一人でした。死にたもうた時も、陰府に下りたもうた時もただ一人でした。主はこのように一人にて贖いをなし終わりたまいました。私共の祭司長はこのようにして全き贖いを立てたまいました。そうですからいま全き救い主であります(テモテ前書二・五)。

【十八、十九節】
 これは祈りの壇です。主は聖血によって私共のために祈りの処を備えたまいました。出エジプト記三十・一、十をご覧なさい。これは祈りの壇です。神は人間のために祈りの処を備えたもうことは実に感謝すべきことです。私共は神に自分の祈りと願いを聞いていただくことのできるのは何よりも幸いなることであります。
 天使は祈ることはできないでしょう。天使は神に感謝し神を拝むことができます。けれども自分の懇願を神に聞いていただくことはできないでしょう。ただ人間のみがそんな大いなる特権を持っております。私共は流されたる血のために祈りの特権を頂戴します(ヘブル四・十四〜十六)。

【二十〜二十二節】
 この贖いの日に二番目の儀式が始まります。以前に研究しましたように祭司長は二匹の山羊を取りました。一匹を神の前に罪祭として屠りました。そのために祭司長、すなわちイスラエル人の代理人は神の前に出ることを得ました。また二十〜二十二の山羊のためにイスラエル人は自分の罪が全く取り除かれたことが分かりました。彼らはこの山羊を見て何を感じましたかならば、自分の罪と悪がみな除かれてしまったことを知りました。
 このように一方においては、屠られたる山羊のためにその全き贖いが成就せられたことが解りました。私共は主の十字架を見ますれば全き贖いがもはや成就せられたことが解ります。またそれのみではなく、主によって自分の罪が全く取り除かれたことを見ます。イザヤ五十三・六をご覧なさい。ちょうどこの祭司は逃れたる山羊の頭の上にすべての罪を言い表しましたごとくに、神は主に私共の罪悪を負わしめたまいました。そうですからそれが全く取り除かれたことを見ます。詩篇百三・十二をご覧なさい。その時に神はこの山羊をもってイスラエル人の罪を彼らより遠ざけたまいました。ちょうどそのように、神は主によって私共の罪を遠ざけたまいます(ミカ七・十九)。

【二十四節】
 これよりは第三の贖いです。もし私共がほんとうに十字架を悟りますならば、もはや罪の問題が済みましたから私共を神の属とならしめたまいます。
 『水に身をすすぎ、他の衣服を着、出てきて』とあります。いま輝ける衣服を着て人々の前に出ます。キリストは永いあいだ人間の贖いのために人の目に見えざる所にて働きたまいました。けれども甦りの時に、この祭司が出で行きしごとく、弟子等の前に霊の身体をもって出で行きたまいました。祭司は贖いをなす時にただ聖き衣のみを着けました。いま贖いを成し遂げた時に美わしき衣服を着て出で行きました。主も甦りの後、霊の衣を着て弟子等の前に出でたまいました。主は私共を潔め、神の前に真の燔祭となりたまいました。
 この『出て』という言葉は主の再臨を指します。主キリストはいま神の前に至聖所に入りて私共のために仲保の祈りを捧げていたまいます。けれども後に栄えと輝きとをもって出で来たりたまいます。その時に私共は肉の眼をもって見ることができます。民等が祭司の至聖所より出で来ることを待っておりましたごとくに、私共もいま顕れ出でたもう主キリストを待ちます。ペテロ前書四・十三をご覧なさい。主は栄えをもって顕れたまいます。私共は主の甦りに与りました者ならばその栄えの顕れたもうとき喜び躍ります。

【二十五節】
 罪祭の犠牲の脂がまだ残っております。今これを献げます。これは一番脂の善きものであります。この意味は、贖いができましたから誰が一番喜びますか。一番喜ぶ者は神であります。神は贖いの脂を一番喜びたまいます。罪人の救われし贖いの脂であります。

【二十六節】
 『かのやぎをアザゼルに送った者は衣服を洗い、水に身をすす』ぎます。私共はたびたび他人の罪を承認し、また大いなる罪人を導かんとする間に、時としてはその罪に伝染することがあります。このような時には必ず聖霊の力を受けて自分を潔め、これに染まらぬようにしなければなりません。

【二十八節】
 これも同じ意味であります。罪にかかわって働きますならば今一度自分を潔めねばなりません。

【二十九〜三十一節】
 本節以下、如何にしてこの式を続いて守るべきかを教えられます。この日イスラエル人は贖いの日を覚えるためにどうしますか。第一にその身を悩まします。罪のために苦を感ずることです。罪の恐るべきを知ることです。詩篇三十四・十八、五十一・十七をご覧なさい。これは身を悩ますことの雛形であります。私共は贖いの結果と雛形を得とうございますならば、このように身を悩まして砕けたる心をもって悲しんで神に近づかねばなりません。詩篇百四十七・三をご覧なさい。この贖いの日は大安息日ですから、心の大安心を得る日です。私共は贖いのために大いなる歓喜と安心があります。ヘブル四・九、十をご覧なさい。これによって私共の心を判断することができます。もし真の贖いを味わった者ならば、心の中に大いなる安息があります。

【三十二節】
 これは全く祭司の働きによってであることを教えられます。私共の祭司長は自分一人で贖いをなしたまいました。私共の悔い改めと信仰をもってしても彼の働きを助けることはできません。そうですから私共は全くこれを主に委せねばなりません。もし私共が少しでもこれを助けねばならぬならば、その贖いは必ず幾分か不満足であります。けれども主は一人にて全くこれをなしたまいました(ヘブル七・二十三〜二十五)。
 私共はただいま大切なレビ記十六章を終わりました。兄弟姉妹よ、どうぞ各自深くこれを研究し、聖霊に教えられてこの章を学び味わわれんことを望みます。これは聖書中の大切なる章の一つであります。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |