第 四 章  罪 祭



【一節】
 この節を見ますれば、『主はまたモーセに言われた』と記してあります。これはモーセに与えられた新たなる黙示であります。神は一度、一章より三章までの黙示を与えたまいました。それから暫く後にまたモーセに聖声を聞かしめて、この四章五章を黙示したまいます。そうですからこの言葉によってレビ記の真の区分が解ります。神は一度、一章より三章までをモーセに聞かしめたまいました。それから三章と四章の間で暫くモーセに時を与えたまいました。私共は三章の終わりまで読みました時に暫く考えねばなりません。そして今まで読みました教えを心に受け納れるために時を取らねばなりません。そうして後に神は再び聖声を聞かしめたまいます。聖書を一度にあまり多く読みますならば消化することができませんから真の利益になりません。聖書を読む時には静かに考えることと、また祈りのために時を取ることが大切です。一章から三章までは馨しき香の献げ物のことでした。四章五章は罪のために献げる献げ物です。
 罪祭を献げることは表面に人々の前に罪を言い表すことです。詩篇五十一・三のように公にその罪をも罪の耻をも言い表します。罪の贖いを求める者はこれをせねばなりません。これは心の苦しみです。けれどもそのために人間の前に己を卑くしますから心が砕かれました。真に信ずることができます。また罪祭を献げることは、公然と己の罪の恐るべきことを顕すことです。罪のためにこの罪なき聖き者は死なねばなりません。そうですから罪は軽きことではありませんと解ります。またこの罪祭によって信仰をも表します。この犠牲は無益ではありません。そのために罪がその人より取り去られて犠牲の上に置かれますから、罪人はもう一度神と和を得まして大胆に神の前に立つことができます。イザヤ五十三・四〜六、ローマ五・十九を見ますればイエスの大いなる罪祭のことが解ります。神の聖子は御自分の身に私共の罪を負うて神に全き贖いをなしたまいました。イスラエル人は牛の上に自分の不義と悪を移しましたごとくに、私共は信仰によって主イエスに自分の心の汚れを移すことができます。イスラエル人の悪は牛と共に焼かれましたように見えました。そのように信仰がありますならば私共の心の悪もキリストと共に十字架に釘けられて無くなります。その通りに主の十字架によって私共も罪より赦されて自由なる者となり、また宝血によって潔められることができます。
 キリストの贖いはただ愆のためのみではありません。また罪祭であります。すなわち啻に罪の赦しのみではありません。心の悪から私共を離れさせる力があります。罪人は今までのことを考えますならば、罪の赦しを求めます。また十字架に由ってそれを与えられます。またいま自分の肉のことを考えますならば、心の汚れより離れて聖き生涯を送りたいと考えます。これもやはり十字架の力によらなければなりません。

【五〜七節】
 ここに血の用法を見ます。第一に罪のために神が恩恵を下したもう道が塞がりました。また人は神に近づく道を塞ぎました。交わりが全くなくなりました。第一に神に最も近い処(六節)、次に薫香の壇(七節)、それから燔祭の壇にも注がれました。その三箇所に死の表を付けますから神と人との道が今一度開かれました。私共は全き贖いのために今一度信仰をもって神に近づくことができます。ヘブル十・十九。イエスの血に由って憚らずして近づきます。また同じ力によって神が恩恵を下したもう道が開かれました。地の上に全き贖いができましたから神はペンテコステの日において聖霊を降したもうことができました。今なにゆえ神の恩恵が私共にまで来ることができますかならば、主の聖血のためです。その贖いがありませんならば神は人にただ怒りのみを表したまわねばなりません。けれどもいま神は人を憐れみて貴き恩恵を下したもうことができます。

【八〜十節】
 ここに脂の用法が記してあります。これは悉く壇の上に焼かれました。すなわち悉く神に献げられます。脂は心の最も美わしき意志を指します。これを神に献げることは心の底まで神を悦ばせ奉るようになることです。この心の最も美わしき意志は神のものです。心の富と心の最も美わしき意志を神のものとしなければなりません。すなわち心を尽くし、精神を尽くし、意を尽くし、力を尽くして神を愛する筈です。これは神の前に悦ばるべき献げ物です。キリストは常にその通りに生涯を送りたまいました。また罪祭でありましてもその意を神に帰して神を悦ばせたまいました。神は十字架に釘けられたまいし主イエスより御顔の光を取り除きたまわねばなりません。何故なれば主は罪人の罪を負うて罪祭となりたまいましたから、神の怒りはその上に落ちました。けれどもその時にさえ、罪祭の脂は神の前に悦ばるべき献げ物でした。すなわち父なる神は子なる神の志を見てそれを悦びたまいました。

【十一、十二節】
 ここに牛の肉の用法があります。神は罪祭の血をも脂をも受け納れたまいます。これによりてこれを献げる者に和を得させたもうことを示したまいます。けれども牛の体は全く神の前より追い出されました。それによって罪の悪むべきことを教えたまいます。また罪祭が自分の罪を負いますならば神より追い出されて参らねばなりません。すなわち十二節に営の外に携え出されました。これはたぶん天幕より一里半或いは二里ほど離れたところでしょう。燔祭のように神の前に焼かれません。罪を負うところの献げ物ですからイスラエル人の営の外まで追い出されねばなりません。これは悪むべき者となり、詛わるべき者となりました。ヘブル十三・十二に主イエスはその通りに詛われたる者となりたまいましたことを見ます。これは主がゲツセマネの憂いをなしたまいましたわけです。主は死ぬることと恥とを恐れたまいません。けれども神より追い出されて詛わるべき者となることは実に怖るべきことでした。
 この灰を棄てる場所は地獄のごとき処でありました。営外へ追い出されるべきものを置くところである筈です。神は彼処へ汚れたる者と共に罪を追い出したまいます。これは実に怖るべきことです。けれども悦ぶべきことです。神はその通りにその領分を潔めて、御自分の民より汚れたるものを取り去ることをなしたもうことのできるのは実に幸いなことです。いま私共は地獄の道理を全く知りませんでしょう。けれども後の世において神の円満なる光の中にて、地獄のためにも神に感謝することができると思います。アダム、エバは罪を犯した後に神の聖前におることを恐れました。これは彼らには苦痛でした。そうですから神は恩恵をもってこれをその聖前より追い出したまいました。かくしてついにすべてのものが神にほまれとなります(詩篇百四十八・一〜七)。
 罪祭を献げる者は、神がその犠牲の血と脂を受け納れたまいましたことを見て心の平安を得ました。もはや自分の罪が全く潔められてその赦しを得ましたと感じます。けれども後にその牛の体の追い出されることを見て、続いて罪の恐るべきことを感じます。今でもたいがいその通りです。私共は幾分かの罪の恐るべきことを感じますから罪の赦しを求めます。けれどもそれについて安心を得ました時に、前より一層深くその罪の怖るべきことを感じます。主イエスは罪のために追い出されたまいましたことを見て神と和らぎを得ました。神の子を追い出すものは真に恐るべき者です。たぶん天国に行く時に感謝と歓喜の中にもなお自分の罪を感じますと思います。

【十三〜二十一節】
 十三節より全会衆のあやまちのために献げる罪祭を見ます。これは祭司長の罪祭と同じことです。そうですから教役者の罪の甚だしきことを知ります。或いは牧師、或いは伝道師の罪は全会衆の罪と同じことです。
 またただ一個人のみではありません。全会衆も神に対して罪を犯すことができます。全会衆が神に叛いて神の導きに従いませんならば、会衆のひとりびとりがみな神の前に罪人です。或る人がその罪に反対をしますならばその罪に関係いたしません。ゆえに教会が神の聖旨に叛きましたならば、公にこれを警戒せねばなりません。これは自分のためによほど大切です。会衆の罪のみではありません。国として神の前に罪を犯すことができます。そうですからその国民はみな罪に関係があります。そのために神の前に己を卑くして、その罪を負うて赦しを求めねばなりません。二十節の終わりに『然せば彼等赦されん。』また二十六、三十一、三十五節、五章十三、十六、十八節、六章七節に同じことを見ます。神は赦されたる者に確信を与えたまいとうございます。何時でも私共の心に疑いと恐れを懐くことを好みたまいません。私共に平安と確信を与えたまいとうございます。私共は汚れ果てたる罪人にして敵でありました時にさえ、神はキリストに由って受け納れたまいましたと確信を与えたまいとうございます。
 罪祭を献げるイスラエル人は何のために安心を得ましたか。第一は流されたる血潮のためでした。また第二は神の言葉のためです。神が『然せば赦されん』と言いたまいましたから疑うには及びません。私共も同じくこの二つの理由のために安心があります。主イエスの贖いのために赦しを得ます。また神の言葉のために赦しを得たという確信をすることができます。これは信者の安心の二つの堅固なる基礎です。

【二十二〜二十六節】
 二十二節からは牧伯の罪のために献げる罪祭を見ます。この式は前の式よりも軽うございます。牛の代わりに牡の山羊を屠ります。何故なれば祭司長の罪は牧伯の罪よりも甚だしいからでございます。牧伯は燔祭の壇よりも前に進みて神に近づくことができませんから、牧伯の罪祭の血はただその壇の角に塗られます。それによって今一度神と常の交わりを得ました。罪祭によって今一度素祭の処に携えられて神を拝むことができます。

【二十七〜三十五節】
 二十七節から常の人の罪祭を見ます。これは牧伯の罪祭と同じようです。常の人が罪を犯しましても、誰にも関係しませんから恐るべきことではないと思います。けれども神はこの罪祭によりて左様でないことを教えたまいます。神の前にこの罪を犯しましたから、牧伯ほどには及びませんでもなおやはり恐るべきことであります。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |