第 一 章  燔 祭



 燔祭はその人の全霊、全生、全身を献げる献げ物であります。その人全体神の所有となる儀式です。原語でこの名の意味は「昇る献げ物」ということであります。壇の上に献げ物を置く時にはその物はなお物質的です。けれども火に焼けますならば、次第に煙と焔の中に天に昇り、心霊的のものとなります。ローマ書十二・一、二の意味は、私共が己を神に献げるならば、心を変えて新たにいたしますことを教えます。この変えるという字は原語で、キリストの変貌の時の変貌の文字と同意味です。身も霊も神に献げますならば神はその人を受け納れたまいます。そうして霊の焔をもってその人を変えて、霊に属ける者とならしめたまいます(コリント後書五・十四〜十七)。
 燔祭のためにいかなる犠牲を用いますか。常に馴れた禽獣であります。決して野生の禽獣ではありません。そうですからその犠牲を安らかに壇の上に置くことができます。馴れている家畜は決して荒れ廻ることはありません。従順に導かれます。野生の禽獣は強いませんならば壇に導くことはできません。神が燔祭を献げる者に求めたもう精神はこの模型にある通りです。神は決して強いることはなしたまいません。けれども私共は恩恵に引かれて神の所有となりましたから、悦んで壇の上に一切を献げることができます。
 燔祭の種類が三つあります。
  一 牛の燔祭(三節)
  二 羊の燔祭(十節)
  三 鳥の燔祭(十四節)
 神は貧乏なるイスラエル人を顧みたもうて、その貧しき民にもこの礼物を献げる機会を与えたまいました。それによって神の恵みの深きことを見ます。またその場合にも、格別に式を行う時に、神はその式を最も大切と見たまいませずして、その人の心を最も大切として見たまいました。けれどもこのところにまた霊の意味もあります。
 信仰の浅い者でも、キリストと共に己を十字架に釘けますならば、この貧しい民が鳥をもって参りましたように、その信仰に従って神の前に悦ばれる犠牲を献げることができます。けれども信仰が進みますならば、神の前になお価ある犠牲を献げることができます。
 この燔祭によって何を学びますかならば、私共はいかにして身も霊も神に献げることができますかということです。神に正しく身も霊も献げますれば、神は必ずその人を受け納れたもうて、ご自身のものとなしたまいます(申命記二十六・十七、十八;ここに「認めて」とある言葉は、原語にてレビ記一・三の「受け納れる」の言葉と同字です)。この燔祭によって身も霊も献げるために正しき方法を学びます。そうですから献身の正しき道を学ぶだけではありません。またいかにして神の祭司となることができるかということを学びます。
 このところで罪のことは論じられてありません。燔祭を献げる者は、愆祭と罪祭のためにもはや神の前に義とせられた者です。私共は神に献身しとうございますならば、第一に罪のことを明らかに始末せねばなりません。義とせられた者のみ、神に身も霊も献げて燔祭となることができます。けれどもここでも主の功績に頼りませんならば献身することができません。ペテロ前書二・五に『イエス・キリストにより、神によろこばれる霊のいけにえを、献げなさい。』またエペソ書一・六に『愛する者にありて受け納れられる(accepted in the Beloved 英訳聖書)』とあります。その通りですからただキリストと共に身も霊も献げることができます。格別にこの燔祭を献げる時に血を流して(五節)その犠牲を焼き尽くしましたごとくに、私共もキリストの十字架に釘けられ、キリストと共に死なねばなりません。そうですから献身は、心を探って私共の物を一つ一つ壇の上に置くことではありません。献身はキリストと共に十字架に釘けられることです。神はそのように私共を受け納れ、私共に活ける火を与え、そして私共を全く変わった者とならしめたまいます。私共の信仰、私共の熱心のために受け納れたもうのではありません。ただキリストの甦りと昇天のために、キリストによりて来る者を受け納れたまいます。献身をするためにキリストと一つになることは大切です。このところで燔祭を献げる者は、その燔祭とする犠牲の上に手を按きました(四節)。これはすなわち一つとなることです。この燔祭の犠牲と一つとなりまして、一緒に身も霊も献げて己に死ぬる者となり、一緒に神に受け納れられる者となります。コリント後書五・十四をご覧なさい。『ひとりの人がすべての人のために死んだ以上』、これはすなわち主イエスの身代わりです。けれども続いて読みますれば『すべての人が死んだのである。』これがすなわち一つとなることです。これは真の更正です。このように身代わりによりて一つとなり更正して、真の献身ができるのです。
 献身はただ罪を悔い改め、怠りを償い、熱心に働くと申すようなことではありません。砕けたる霊をもってキリストと一つになり、神にキリストを献げることです。そのためにキリストの功績を知らねばなりません。神はただその愛する子のために私共を受け納れたまいますから、キリストの栄光を悟らねばなりません。またそれによって次第に信仰が強くなります。次第に多く悟りを得ます。そうですから漸次神に貴き燔祭を献げることができます。或る人はキリストについて賤しき信仰をもって参ります。これは鳥のごとき貧しい信仰です。けれども正しき真実なる心をもって参りますならば、神はそれを受け納れたまいます。けれども私共は決して貧しい信仰をもって満足してはなりません。全く主イエスの功績と主の栄光を悟りまして、イスラエル人が牛をもって燔祭を献げましたごとくに、神に貴き犠牲を献げねばなりません。そうですから主イエスとその十字架を深く味わいまして、神の喜びたもうところを見ねばなりません。
 ヘブル書十・五〜十を見ますと、主イエスは父なる神の聖旨を行わんために来りたまいました。またヨハネ十・十八を見ますと、キリストはご自分の生命を捨てたまいました。これは真の燔祭です。またヨハネ十七・十九を見ますと、私共を神に献げるためにまず自らを献げたまいました。そうですからローマ書六・十一及びペテロ前書四・一、二の通りに私共も神に燔祭となることができます。
 この燔祭を献げる時に、レビ一・五のごとくに壇の周囲にその犠牲の血を灌ぎました。そうですから神の前にも人の前にも自分は死せる者なりと表さねばなりません。コリント後書四・十、『いつもイエスの死をこの身に負うている。』このために断えず燔祭的生涯を送りまして、キリストの生命を彰わすことができます。今まで主イエスが私共と一つになりたまいしことを話しました。そうですから主が全き犠牲を献げたまいますれば私共が献げるのと同じことです。それによって私共も聖き者、神を悦ばす者とせられます。また主イエスの義を分け与えられて義人となります。これは私共の立脚地です。すなわち私共は主イエスによって義人となって神の前に立つことができました。律法の命令はかくのごときです、「神に受け納れられるために自らを義とせよ」と。けれども福音の義は、「既に神に受け納れられたるゆえに義を行えよ」ということです。私共は第一に明らかにその立脚地を悟らねばなりません。既に主の円満なる犠牲のために私共は聖き者となりましたから、聖き心をもって正しき行いをせよ。既に主によりて神の子となりましたから、神の子たるに適う生涯を送れよ。神はこのような高尚なる立脚地を私共に与えたまいましたから、私共はこれに適う聖き生涯を送るはずです。いかにして私共はそのような聖き生涯を送ることができますか。同じ十字架によりてその力を得ます。私共は十字架によりて神の前に義人となりました。同じ十字架によりてこの世の中に在りて聖き歩みをすることができます。私共はキリストと共におりますならばそのために神の前に義人です。キリストが私共におりたまいますならば、私共はこの世に在って聖き生涯を送ることができます。そうですから私共は犠牲的生涯を送ります。けれども私共の義のために、また私共の献身のために、神に受け納れられたことは少しもありません。もはやただ主イエスの十字架のために受け納れられた者ですから、喜んで主に従って犠牲的生涯を送ります。
 そうですからこの五つの犠牲を指します。また私共の献げるべき犠牲を指します。例えばキリストは私共のために身も霊も献げて燔祭を献げたまいました。全く神の前に焼き尽くされて燔祭となりたまいました。私共もキリストと一つになりましたならば、キリストの燔祭によりて自分も身と霊とを燔祭とします。イスラエル人は己を献げとうございます時には牛をもって神の前に燔祭といたしました。そのように私共は身も霊も献げとうございますならばただキリストによってのみそれができます。イスラエル人は燔祭の犠牲の頭の上に手を按いて、自分はその燔祭と一つになりましたことを示しました。私共も十字架に懸かりたまいし主の上に信仰の手を伸ばして、主と一体になって己を燔祭といたします。そのようにして己は全くキリストと共に十字架に釘けられ、今からわれ生くるはただキリストわれに在りて生くるなりと言うことのできる、すなわちこれが真の燔祭です。それによって心を尽くし精神を尽くして神を愛することができます。それによって十字架を負うてキリストに従うことができます。どうぞ深くこれをお感じなさい。これは最も大切です。ローマ書十二・一を見ますと、熱心なる人は、その命令に従わねばならぬと思いまして、もがいて身も霊も献げんと務めます。肉に属ける力によって一時できたように思われることがあるかも知れません。けれども間もなくなくなります。ただ主の十字架の力によって己を献げる、これが真正の身も霊も献げる献身です。
 ちょうどその通りに、私共は神の前に全き素祭を献げることができます。キリストは私共のために素祭を献げたまいました。私共はキリストと一つになりましたならば、私共は素祭的生涯を送ることができます。
 前に研究しましたごとくに、そのような生涯は何ですかならば燔祭は心を尽くして神を愛することです。力を尽くして人を愛し人を助ける献げ物です。キリストと共に十字架に釘けられますならば、キリストの生命を頂戴しまして、キリストのごとくに人を愛する生涯を送ることができます。この献げ物はいと聖き物です(レビ記二・三)。私共は他人のために生涯を送りますならば、それは神の前にいと聖き者です。使徒行伝四・三十二〜三十五は真の素祭です。またピリピ書二・十七にパウロの素祭が書いてあります。また同じ二十節には、テモテの素祭が記してあります。また三十節にはエパフロデトの素祭を見ます。また四・十八には信者の素祭を見ます。私共はこのような素祭的生涯を送らねばなりません。ピレモン七、これは真の素祭でした。この兄弟の愛によって聖徒は喜びと慰めを得ました。いかにしてそのような素祭を献げることができますか。己を捨てて他人のために身も霊も献げることです。ただ主イエスの自らを献げたまいしことによって、十字架によってのみ神に素祭を献げることができます。マタイ二十六・七。私共はいかにして主の肢体なる信者に、このように馨しき香の献げ物を献げることができますか。信者を慰め喜ばせることはすなわち馨しき香の献げ物です。ただ私共が主におり、また主が私共におりたもうならば、このような素祭的生涯を送ることができます。
 私共も第三の礼物を神に献げねばなりません。すなわち酬恩祭を献げねばなりません。前に申しましたごとくにこの礼物は神との全き交際の礼物です。この礼物を献げる時には神もその一部分を取りたまいます。祭司も一部分を取ります。献者も一部分を取ります。互いに同じ犠牲のために交わることができました。私共はいかにして神と交わることができますか。主の犠牲によって流された血のために、顔と顔を合わせて神と交わることができます(ヘブル書十・十九)。主の酬恩祭によって献げることができます。またそれは真の主の前に饗応となります。イスラエル人はこの酬恩祭を献げる時に、そのために饗応にあずかりました。私共もその通りに、神と交わることができますならば真に美しき交際です。イスラエル人はその犠牲の肉を食うと共に神に犠牲の肉と血を受け納れられることができました。その通りに主イエスは私共のために酬恩祭を献げたもうことができます。けれども私共もまた主によって酬恩祭を献げるはずであると思います。
 このほかの二つの礼物はすなわち罪祭と愆祭です。この二つの礼物は格別にただ救い主のみ献げたもうことのできるものです。必ず私共は自分の罪のために贖いをすることができません。けれども主が既にその贖いをなしたまいましたことを見まして、自分も罪を離れて聖き生涯を送り、神にその悦びたもう犠牲を献げることができます。ペテロ前書三・十八、四・一。私共もそのようにキリストの罪祭によって罪を離れて、神に聖き生涯の礼物を献げることができます。キリストは私共の罪祭となって、私共の罪を全く除きたまいましたことを見ますならば、そのために聖き者となって犠牲的生涯を送ることができます。このような信仰は心の武具です。既にキリストと共に死せる者なりと思うことは、悪魔の火箭を防ぎ、自分を守る信仰の楯であります。ガラテヤ書五・二十四、六・十四。その通りに主の罪祭によりまして私共も十字架に釘けられて聖き生涯を送ります。主の十字架によって神の前に義となりました。主の十字架によってこの世に聖き生涯を送ります。ピリピ書三・十八、十九をご覧なさい。この信者は口では十字架に依り頼むと申しました。けれども十字架に敵した行いをいたしました。何故ですか。主の罪祭が分からぬからです。主は死にたまいました。けれどもこの世に死ぬることを好みません。また主の罪祭の力を経験いたしません。どうぞこの信者と異なり、主の十字架を信じ、主と共に十字架に釘けられ死にたる者として生涯を送りなさい。
 最後の礼物は愆祭です。必ず私共は自分の犯せる罪のために贖いをしなければなりません。キリストの十字架によるならば、そのために義の僕となります。ローマ書六・二十二、二十三。私共はキリストの愆祭が分かりますならば、必ずそのように自分の肢体を義の僕といたします。またイスラエル人の愆祭を献げる時にその隣人にその損害を償いましたように、十字架が分かります者は必ずできるだけ今までの罪を償って、他人にその損害を償うことをいたします。既に十字架によって恩寵を得ましたから、義をもって恩寵をもってその損害を償います。
 このように、私共もこの犠牲を一つ一つ献げねばなりません。犠牲的生涯はこの五つの犠牲を実行いたします。神に対しても人に対しても全き献げ物をいたします。力を尽くして神を愛し、また己のごとく隣人をも愛します。ただキリストの十字架によってかような生涯を送ることができます。またキリストの十字架によって己に死にますれば、その通り神の前に馨しきにおいの礼物を献げます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |