第二十一章  祭司に対する神の誡命



 本章は祭司に対する神の誡命です。祭司は誰ですか。すなわち油注がれし者、神より聖霊を受けたる者であります。これらの人は格別に神と人との前に不断聖くなければなりません。六、八、十二節をご覧なさい。祭司等は格別に聖き者でなければなりません。この章の中に献げ物と申しませずして神の食物と申します。これは実に美わしきことです。この章の中にこれが五度見えます。そうしてこれは聖書中ただ本章だけです。これは神はその献げ物によって満足したもうことであります。もし私共が生涯キリストを顕しキリスト者らしき生涯を送りますならば神は喜んで満足したまいます。二十一章は神の饗応、神の食物です。二十三章において人間の饗応と歓喜が録されてあります。私共は聖き生涯を送りますならば神を喜ばせ、神にご満足を与えます。また自分も満足と歓喜を神より受けることができます。祭司は死人に近づくならば汚れを得ます。祭司は(祭司とは聖霊を受けて聖められし者を言う)世より離れたる者ですからこの世のことに関われば汚れます。
 七〜十五節を見ますれば祭司はまた家庭において常に神の聖き者でなければなりません(テモテ前書三・四、五、十二)。神のために働く者は皆かようになければなりません。
 十六〜二十四節は祭司の中に近づくことのできぬ者の有様が録されてあります。すべての不具者は神の殿に入り聖職をなすことができません。神は聖き者ですから全き者でありませんならば近づくことはできません。神は私共が全き者であらねばならぬことを教えたまいます。たびたびこの章の中にきずのある者と録されてあります。他の能力があり長所がありましても神の前に不足があれば神のために働くことができません。そのために神の前に探られねばなりません。
 二十二節は実に神の恵みであります。神は聖き食物をもって養いたまいます。きずのある者でも聖書をもって養いたまいます。神は心に疵なき全き者を求めたまいます。
 十六節より終わりまでに六、七度『近寄ってはならない』とあります。これによって自分の心を考えとうございます。私共はみな疵ありて進み寄ることあたわざる者です。けれども幸いにもキリストによって疵を取り除かれます。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |