第二十二章  汚れについての誡命



 この章は三つに区別されます。一〜十六節は汚れたるままで神のために働くことの大いなる罪であることを見ます。これは私共が注意せねばならぬことです。祭司は汚れたる衣を着て決して殿に入り神の前に出ずることはできません。私共も汚れたる心をもって神のために働くことは大いなる罪であります。
 十七節より献げ物について録されてあります。『きずのあるものはささげてはならない』とあります。全からざるものを献げることは実に神を蔑視することです。マラキ一・八、十四をご覧なさい。これは大いなる罪であります。使徒行伝五・二をご覧なさい。アナニヤとサッピラは神に全からざる犠牲を献げました。たびたび神に身も魂も献げると申して、偽って一部分を残してはおりませんか。これについて自分の心をお探りなさい。
 二十六節よりは動物を憐れむべきことを教えたまいます。私共は聖き者、聖霊に属ける者ですから、必ず動物を憐れまねばなりません。
 神は人間の自然の関係、すなわち身内親子兄弟夫婦の関係を貴びたまいます。マタイ十五・四をご覧なさい。時として或る人は神のため、働きのために親の関係を断ちます。或いは妻の言葉を捨てます。けれどもこれは大いなる間違いです。時として人は養うべき親を捨て置きてその金を神のために用います。けれどもこれは神の聖旨ではありません。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |